顔認証の怖い都市伝説のお話を語っていきますね。 突然で申し訳ありませんが、顔認証の機能は使わないほうがいいですよ。 だって、あなたも知りたくはないでしょう?   あなたの近くに、霊が溢れているなんて・・・ &n […]

顔認証の怖い都市伝説のお話を語っていきますね。

突然で申し訳ありませんが、顔認証の機能は使わないほうがいいですよ。

だって、あなたも知りたくはないでしょう?

 

あなたの近くに、霊が溢れているなんて・・・

 

記事は下に続きます。

【実話】顔認証の怖い都市伝説のお話

ほとんどの方がスマホをお持ちだと思います。

写真機能はますます便利になり、最近ではSNOWやスナップチャットなど、顔認識機能を利用して、犬や猫など様々なものに変身できるアプリが流行していますよね。

 

しかし、その顔認証機能が、人の顔なんて何もないところで反応するなんてことがあったら・・・。

肉眼では見えていないけど、そこには目には見えない顔があるのだとしたら・・・。

 

顔認証アプリは、見えない「何か」に反応しているということになりますよね。

いやいや、そんなの誤作動でしょ?と思っているあなた。

 

実はたくさん経験している方がいるんです。

 

  • 景色を撮影しようとしたら、何個も顔認証のマークが出てきた
  • 食事の写真を撮ろうとしたら、肉だけ顔認証された
  • 某老舗ホテルの廊下がかっこよかったので、撮影しようとカメラを向けたら顔認証のマークがたくさん・・・。
  • 一人暮らしの家で、誤ってアプリで撮影しようとしたら、顔認証が起動さらに、そのマークが近づいてくる

 

いかがですか?

これは、全て実話です。

 

もはやこれは、顔認証が目には見えない「何か」を感知しているとしか考えられませんよね。

本当に顔認証機能は「何か」に反応しているのか。

 

検証してみたいと思います。

誰もいないところでの反応は幽霊を写している?

誰もいないところで、顔認証が反応しているということは、何かつまり幽霊に反応している説が考えられます。

でも本当に幽霊に反応しているのでしょうか?

 

これは、結論からいうとありえます。

SNOWやスナップチャットなど、顔認証機能がついたアプリは、何で「顔」と認証しているかというと、黒い目と口ぽいものがある物を、顔と認証します。

 

つまりは、犬猫をはじめとする動物、絵画、某コーヒーショップのロゴなどなど、顔ぽいものは全て認識します

だからこそ、誤作動では?という方も多いかもしれません。

 

しかし、空中を撮影している人や滝など人が紛れ込める場所や、曰くつきの場所など、人の顔らしきものがない場所で、顔認証が作動したとしたらどうです?

目には見えていませんが、幽霊の顔に反応していると言えますよね。

 

一つ顔認証が出てくるくらいなら語認証で理解ができるのですが、たくさん顔認証のマークがでてきたら・・・それは霊かもしれませんよね。

原因はsnowやスマホカメラの顔の誤認?

先ほど心霊説で少しお話しましたが、スマホの精度はあがれど、顔認証機能というのは、意外と精度が高くありません。

何で顔を認識しているのか、それは目らしきものが二つ、口が一つという逆三角形の形が成立していれば、顔と認識されるのです。

 

これをシュミラクラ現象と呼びます。

シュミラクラ現象とは、人や動物の顔は、目と口が逆三角形に配置されていることから、脳は顔と判断してしまう現象のことなのです。

 

鼻は?という声も多いかもしれませんが、現在のスマホの顔認識機能は2Dつまり、二次元しか認識していません。

ということは、凹凸があったとしてもそれは関係なく、逆三角形のポイントに認識される何か点があれば、顔と判断されるのです。

 

しかし、こんな体験談もありました。

 

友達にSNOWの顔認証機能が全く反応しない・・・。

友達が幽霊疑惑・・・。

 

これ、よくありますよね!

誰か一人は必ず反応しない!!なんで?この人もしかして・・・なんて疑ってしまいます。

 

実はこれには、二次元しか認証しないシステムに問題があるのです。

先ほどもお話したように、認証機能は平面の逆三角形を顔として認証します。

 

凹凸は認証反応を悪くしてしまいますが、さらに明るさというのも顔認識に反映してしまうのです。

明暗が認証精度を大きく分けてしまうのです。

 

だから何もないところで、顔認証してしまうのは、明暗の加減で何かしら点を捉えているのだと思われます。

つまりは、二次元の漫画やアニメは顔認証されやすいですが、彫りの深い人はなかなか顔認証機能が正しい位置で反応しない、顔認証されないなんてことも多いかもしれませんね。

 

あなたのスマホやスノー、大丈夫ですか?

とはいえ、何もないところで顔認証が起動されると怖いですよね。

ぜひこれを機に試してみてください。

 

どんなに晴れ渡った場所でも、明暗はあります。

だからこそ、顔認証は誤作動を起こすかもしれません。

 

2D認証機能だから、誤作動があって当たり前と思えば、たとえ何もない場所で表示されても怖くないですよね。

でも、曰くつきの場所で使用するのは、おすすめできませんね。

 

だって、それ本当に誤作動で終わらすことができないかもしれませんからね。

気になるようでしたら、試してみてください。

 

といってもこれで、無数の顔認識マークが表示されても、絶対に責任は負いかねますので、あらかじめご了承くださいね。

 

怖い話はこちらにも・・・

➡ アメリカのゴーストホテルが怖すぎる!元病院やマグノリアホテル、ノッチの怪事件を考察

➡ 遊園地に関する怖い話や体験端を考察!廃墟の中に潜むのは幽霊?

➡ ドッペルゲンガーの怖い都市伝説!出会ったらなぜ死ぬのかや対策も考察!

➡ ひきこさんの都市伝説は実話?実在した元ネタの正体や対処法を考察

➡ akb48の闇の都市伝説!49人目の秘密や彩の呪い、10年桜の怖すぎる秘密とは?

➡ ノストラダムスの大予言2019が日本の大地震を予想?滅亡の危機って本当?

➡ ツチノコの正体を考察!アオジタトカゲトカゲやネコ、オオサンショウウオだった?