BMIヒーロー、ファットガム。

関西に事務所を構えている浪速のヒーローです。

 

着ぐるみを被っているような丸い体型が特徴ですが、痩せるとすごいイケメンらしい・・・?

 

今回は、ファットガムの

 

  • 個性
  • イケメン説
  • 切島との関係性

 

について考察していきます。

ヒロアカファットガムを紹介

ファットガムは、切島がインターン先として訪れたヒーロー事務所の社長です。

初登場時は鉄板焼きに乗っかったままのたこ焼きを食べていました。

 

その見た目からも想像できるように、彼はかなりの量のご飯を食べます。

 

ファットガムの大食いは個性とも関係しており、太っているときは可愛いさで人気が出そうですが、痩せているときは女性を中心に人気が高そうです。

 

現在は、チンピラなどのいざこざに対処することが多いようですが、昔は裏で出回っていた薬物などを取り締まることを専門にしていました。

 

見た目とは裏腹に、かなりの武闘派ですね。

 

関西人だからなのか熱血切島とも気が合うようで、言動からも漢気が溢れています。

 

また、ファットガムヒーロー事務所の建物は、彼そのものをモチーフにしたデザインでコミカルな感じです。

ファットガムの個性

ファットガムは、体に脂肪をため込むことで人や攻撃などを、彼の体に沈み込ませることができる「脂肪吸着」の個性を持っています。

 

彼は自分のことを

 

「沈ませ屋のファット」

 

と呼んでいます。

 

対敵した時!!敵の勝利条件は“殺す”!“逃げる”!“ブチのめす”にetc!!

対して“コッチはガイ者出さずに捕える”これ一つ!!

(僕のヒーローアカデミア15巻引用)

 

被害者を出さないために重要なのは、いかに早く相手の戦意を喪失させ無力化するかです。

ファットガムの個性はそれに適しており、彼の体に沈められると抵抗ができなくなるため、大抵のヴィランは戦う気力を失くします。

 

 

防御に特化した能力ですが、昔は武闘派だったことから、彼にはリスクの高いカウンター攻撃があります。

 

ファットガムは攻撃の衝撃を体に溜めて、1つの衝撃として放つことができます。

衝撃を体に沈めて抑え込んでいるため、体に蓄えられた脂肪も激しく消費してしまいますが、受けた攻撃を一気に爆発させればどんな敵も一撃必殺です。

 

防御が最大の攻撃にもなるわけですね。

 

 

死穢八斎會編の乱波肩動との戦いでは、このカウンター技を使い勝利しました。

ただ、脂肪吸着は使うたびに脂肪を消費するので、その分食事をとらなければなりません。

 

脂肪が無くなれば個性が使えなくなるので、溜め込んで使うタイプの弱点とも言えますね。

ファットガムは実はイケメン!?

彼は太っているのがもったいないほどのイケメンです。

 

乱波との戦いで脂肪が無くなり、スリムになったファットガムがイケメンになり驚いた女性が多いでしょう。

 

 

素顔は出ませんでしたがフードも解け、髪と鍛えられた体が露わになりました。

普段はフードを被り、目元には仮面を付けているので素顔は分かりません。

 

本編ではいまだに出ていませんが、実は、19巻のおまけで素顔が出ています。

 

ヒーローは人気商売な面もあるので、痩せている方が人気は出るでしょう。

しかし、ファットガムの個性を考えると、痩せていると戦力がダウンします。

 

痩せていると敵の攻撃を受け止めきれず、沈めることもできません。

 

ファットガムも、痩せているより太っている姿を好んでおり、手にはいつも食べ物を持っています。

 

通常のファットガムを初めて見た麗日と蛙水は、「丸くてかわいい」と言っていたので、マスコット的存在として好いている人は多くいるでしょう。

 

 

また、彼の痩せている姿はめったに見られるものではありません。

死穢八斎會編が終わったあと、彼は3日かけて元の体型に戻りました。

 

昔ほど危険な仕事することも減ったので、彼が脂肪をすべて消費する機会は減ったでしょう。

 

そのため、痩せた姿を見る機会は減り、痩せてもすぐに元の体型に戻ってしまうので、彼がイケメンであることを知っている人はあまりいないのではないでしょうか。

ファットガムと切島のイケメンな関係性を考察

ファットガムと切島は、漢気に溢れた熱血男です。

切島は雄英高校BIG3の天喰環に紹介してもらい、ファットガムの事務所にインターンとして来ました。

 

天喰はネガティブな性格が災いし、実力はプロ以上にも関わらず、プロヒーローへのお披露目でもある雄英高校体育祭ではドンケツで、注目度も低かったでしょう。

しかし、どのように知り合ったのかは不明ですが、天喰を受け入れるあたり人を見る目や器の大きさが表れています。

 

 

ファットガムが担当する地域は、武闘派のヒーローが必要な案件が多く、戦闘タイプの切島のことは当初から歓迎していました。

切島のお陰で死穢八斎會の計画を知ることができ、エリ救出作戦にも参加することになります。

 

作戦当日、ファットガムと切島はデクたちと分断され、「強肩(きょうけん)」の個性を持つ乱波と、「バリア」の個性を持つ天蓋壁慈と戦うことに。

 

 

ファットガムの個性ですら攻撃を吸収しきれない乱波の攻撃に、まだまだプロとしては実力不足な切島が受けきれるはずがありません。

恐怖で動けない切島を背に、ファットガムは最強のカウンターを撃つために攻撃を受け続けます。

 

しかし、攻撃が強すぎる上に休む暇もなく仕掛けてくるので、カウンターを打つためのタメができません。

 

 

切島は、過去の情けない自分を思い出し、二度と後悔しないためにファットガムと乱波の間に割り込みすべての攻撃を受けとめます。 

そのおかげで、ファットガムはタメに集中でき乱波たちを撃破しました。

 

 

ファットガムは、乱波たちが負けた原因は、

 

「自分も彼らも切島の漢気を甘く見ていたこと」

 

だと、述べます。

 

そして、強敵を求める乱波は切島のことを強い男として認めました。

 

 

ファットガムは、当初から元気で熱血な切島を気に入っていました。 

見方としては

 

「学生で後悔しないくらいの強さを求める元気な男の子」

 

だったでしょう。

 

しかし、実力では遥かに劣るにも関わらず、自分を守るために間に入り、勝つための活路を作った切島。

 

さらに、敵にまで認められた彼をファットガムは、真の強い漢として考えを改めたでしょう。

ファットガムも熱い漢なので、卒業したら自分の事務所に欲しがりそうですね。

まとめ

今回の考察をまとめると、

 

  • 「脂肪吸着」の個性は攻撃もできる
  • ファットガムはイケメンだった
  • イケメンな姿を見られるのは貴重
  • 切島とファットガムは漢気溢れるイケメン

 

です。

 

ファットガムは、見た目から戦闘よりは救助のほうが専門に見えます。

しかし、昔はバリバリの武闘派だったようですから、人を見た目で判断してはいけませんね。

 

関西弁を話すキャラクターは、麗日以外出なかったので新鮮ですし、今後も出る可能性はありそうです。

 

また、イケメンなファットガムがヒロアカにて括約するのを楽しみに待ちましょう!