都市伝説【ドアを開けるな】について解説します。   恐怖の都市伝説の一つ友いわれているのが【ドアを開けるな】です。 形は違いますが、ドアに関する都市伝説・恐怖体験は数多く存在しています。   しかし、 […]

都市伝説【ドアを開けるな】について解説します。

 

恐怖の都市伝説の一つ友いわれているのが【ドアを開けるな】です。

形は違いますが、ドアに関する都市伝説・恐怖体験は数多く存在しています。

 

しかし、その中でもトップレベルに怖いお話と言えば、やはりこれですね。

あなたはこの状況になった時、ドアを開けずに助かることが出来るのでしょうか?

 

記事は下に続きます。

都市伝説【ドアを開けるな】

アパートの2階で、大学生のAという男性がひとり暮らしをしていました。

正月、バイトもなく家で暇だったこともあり、友人のBに電話をして、一緒にゲームをしようと誘ったのです。

 

時間は23時。

夜遅かったのですが、冬休みであり、Bも正月一人でいることに退屈していたこともあり、家に遊びに来ることになりました。

 

0時には家に来れる、とBから返事があり、人が来るからと部屋を片付けていたその時です。

 

ガンガンガンガン!!!

 

ドアがノックされました。

時間を見ると0時が近づいています。

 

「もう、こんな時間か~」

 

ちょっと早いな、などと思いながらドアの鍵を開けようとするA。

その間も、ドアはノックされ続けます。

 

ガンガンガンガンガンガン!!!!

 

寒いから早く入れてほしい、というのも分かるのですが、いくらなんでも強く叩きすぎです。

ボロアパートなこともあり、ドアがきしんでいるくらいです。

 

「足で蹴ってるのか?何を怒っているんだよ!」

 

とイライラしながら、鍵を開けようとしてドアに近づきます。

その時、普段はしないのですが、なんとなくどんな表情でドアを叩いているのか気になったAは、ドアののぞき穴からBの様子を覗き込みました。

 

・・・すると、

 

「あれ?変だな、誰も居ない?」

 

そう、のぞき穴から覗いた先には、誰の姿も映っていないのです。

変だな?と思い鍵を開けようとしたところで、携帯電話が鳴り始めました。

 

相手は、Bです。

 

「なんでドアの前にいるはずのBが電話してくるんだ?」

 

訳がわからないながらも、鍵にかけた手を引っ込め、着信に応じます。

すると、Bが明らかに焦った、というよりなにかに怯えたような声

 

「いいか、A!絶対にそのドア、開けるなよ!!」

 

と叫ぶのです。

 

今までノックしていたはずのBからの突然の物言いに、Aは混乱します。

 

「はぁ?何言ってんだよ」

 

と生返事をするA。

それに対し、Bは叫びます。

 

「今、お前のアパートの階段を、女が四つん這いで駆け上がってお前の部屋の前まで行ったんだよ!!」

 

考察

Aのアパートのドアを叩いていたであろう女の正体は分かりません。

生霊か、アパートに取り憑く幽霊、あるいは別の恐ろしいなにか・・・

 

ただ、この手の都市伝説に共通しているのは、

 

ドアの前の存在は、自分ではドアを開けれない

 

ということです。

 

ドアや扉は、いわば生者の世界への入り口です。

そのため、

 

  • すでに命を落としているもの
  • この世の存在ではない怪異

 

といった存在は、自分たちではドアを開けることができないのです。

そのため、なんとかして私達生きている人間に、ドアを開けさせようとしているのです。

 

ちなみに、この【ドアを開けるな】は派生したお話がたくさんあり、中には

 

 

といった狡猾な存在も語られています。

その際に語られる理由も、

 

  • 今荷物で手がふさがっていて開けれない
  • お茶持ってきたから、開けて!

 

等、私達が本当に言いそうな理由を使い、ドアを開けさせようとしてくるのです。

 

ドアは、あなたの家の入口であると同時に、この世ならざる存在の住む世界との境界線でもあります。

その事をしっかり認識しておく必要があります。

 

もし、ドアを開けさせようとする声が聞こえたら、一度鍵を開けて外を眺め、様子を見るのがいいですね。

 

怪異にドアを開けるということは、あなた自身がその存在を招き入れたということ。

その時はもう、手遅れになってしまうのですから・・・

 

まとめ

今回は、都市伝説【ドアを開けるな】について見ていきました。

かなりメジャーな都市伝説のひとつなので、あなたも聞いたことがあるかと思います。

 

多少形は違えど、似たようなエピソードが多いこのお話。

それはつまり、それだけ多くの人が語り継ぐ、恐ろしいお話であるということです。

 

都市伝説を生み出すのは、時に私達自身です。

語り継ぎ、そこに恐怖の感情を持つからこそ、やがて都市伝説は実体を持ち、私達に襲いかかるのです。

 

この都市伝説・ドアを開けるなも、あなたのドアを開けることへの恐怖心を糧として、いつの日か実体化するかもしれません。

 

それでは、私は出掛けた奥さんが、どうやら玄関でドアを開けれず困っているようなので、ちょっとドアを開けに失礼します。

また、お会いしましょう。

 

関連記事

➡ 都市伝説「赤いクレヨン」を解説!元ネタありの実話って本当?

➡ 都市伝説・能面の怖い話を紹介!不気味な理由も解説していきます

➡ 都市伝説・ヤマノケを解説!テンソウメツの正体、対処・撃退方法も解説!