鬼滅の刃の我妻善逸(ぜんいつ)は、全ての雷の呼吸を使えるようになる日が来るのでしょうか?

 

基本的に、鬼滅の刃に出てくる主要メンバーは呼吸を使いこなしています。

しかし、善逸だけはちょっと事情が異なりますよね。

 

今回は、善逸が全ての雷の呼吸を使いこなせるようになるのかを考察していきます。

 

鬼滅の刃我妻善逸(ぜんいつ)は雷の呼吸を全て覚える?

善逸が師事した桑島慈悟郎は、雷の呼吸を使う元雷柱の老人でした。

彼が教えていたのは雷の呼吸を用いた剣術で、雷の呼吸は壱の型から陸の型までの全部で六つの型があり、弟子たちはそれらを習得する事になります。

 

しかし善逸は、慈悟郎の元でどれだけ修行をしても基本となるひとつの型しか覚える事が出来ませんでした。

 

そんな彼が、今後覚える事が出来なかった他の五つの型を覚えられるのか?

仲間である炭治郎や伊之助が多くの型を使いこなしているだけに、そこはとても気になるところです。

 

善逸(ぜんいつ)が使える雷の呼吸

善逸が現在使う事が出来る雷の呼吸の型は壱ノ型とその派生系、そして漆の型の二つのみです。

それらは

 

  • 壱ノ型・霹靂一閃 (23話 鬼が巣くう屋敷の中にて)
  • 壱ノ型・霹靂一閃 六連 (34話 那多蜘蛛山での戦いにて)
  • 壱ノ型・霹靂一閃 八連 (91話 遊郭での戦いにて)
  • 壱ノ型・霹靂一閃 神速 (93話 遊郭での戦いにて)
  • 漆の型・火雷神 (145話 檜岳との戦いにて)

 

となっています。

それらがどのような技なのか、見てみます。

 

壱ノ型・霹靂一閃

壱ノ型・霹靂一閃は、善逸が慈悟郎に教えてもらった中で唯一身につける事が出来た技であると同時に、すべての雷の呼吸の基本と言える技です。

それは神速の踏み込みからの居合いになります。

 

その速さは人はおろか鬼の目にですら捉える事が出来ず、ただ柄を握った善逸が前方に瞬間移動したようにしか見えません。

ただし居合いという性質上、直線移動しか出来ず、バラバラの位置にいる複数の敵相手や敵との間に何らかの障害物があった時には対応出来ないという欠点がありました。

 

壱ノ型・霹靂一閃 六連 八連

ですが、那多蜘蛛山で蜘蛛の鬼たちとの戦いにおいて、それらの欠点を補う霹靂一閃 六連が見られました。

 

これは周囲の地形や足場などを利用し霹靂一閃を六回連続で行うもので、これにより様々な角度からの複数の攻撃を行う事が可能となりました。

この時、善逸の六度の強い踏み込みの音はあまりの速さに重なり、まるで雷鳴のように轟くそうです。

 

そしてこの技は、その後の吉原での戦いで、八連にまで進化していきます。

 

壱ノ型・霹靂一閃 神速

同じく吉原での戦いでもう一つの技・霹靂一閃 神速が使われました。

 

六連・八連が霹靂一閃の回数を増やし多彩な攻撃を可能にするものであるのに対し、この技は霹靂一閃の速さを更に極め、必殺の一撃となり得る切り札にまで昇華させたものです。

 

しかし、速さを極める為にただでさえ霹靂一閃の強い踏み込みを更に激しくする為に足への負担が凄まじく、一度の戦いで二度しか使えないという欠点があります。

まさに、切り札としてしか使えない技です。

 

漆の型・火雷神

これまでの技が、すべて壱ノ型の派生系であったのに対し、漆の型・火雷神は善逸が生み出した新しい雷の呼吸になります。

 

どのような技なのか具体的にはまだ明かされていませんが、技を受けた檜岳の

 

「気づいたときには切られていた」

 

という反応から、やはり速さに特化した技である事に違いはないようです。

 

壱ノ型・霹靂一閃を極めた末にたどり着いた、文字通り目にも留まらぬ速さの斬撃・・・善逸の努力が報われた瞬間でした。

 

兄弟子との戦いで習得したのではないか?

これまで、ずっと壱ノ型以外の雷の呼吸がどんなものかわかりませんでしたが、兄弟子・檜岳が、善逸相手にこれ見よがしに弐の型~陸の型まで披露してくれたのでそれぞれがどのような技なのか読者も知る事が出来ました。

 

そして、今回改めて檜岳が善逸の前で雷の呼吸を見せた為に、

 

「ひょっとして善逸もこれまで出来なかった弐の型~陸の型も出来るようになるのではないか?」

 

という説もあります。

 

確かに慈悟郎の元でどれだけ努力をしても善逸は壱ノ型しか覚える事が出来ませんでした。

ですから、今更一通り見たところで出来るようになる訳がないと思われます。

 

しかし、当時とは明らかに違うところがあります。

 

慈悟郎の元で修行していた時の善逸は、精神的にも実力でも一人前とは程遠い状態でした。

慈悟郎の為に必死で覚えようとしていた事に違いはないでしょうが、まだ庇護される立場にいたのです。

 

しかし今は鬼殺隊の一員として幾度もの任務をこなし、死線を乗り越え、蝶屋敷での訓練や柱稽古をこなしてきた善逸の実力は当時とは全く違うものになっています。

 

そして精神的な面でも、慈悟郎の死に様を知って以来、いつもの弱腰な態度は陰を潜め、慈悟郎の意思を継ぐ一人前の戦士として檜岳に立ち向かっていました。

 

そんな今の善逸ならば、これまで習得出来なかった弐の型~陸の型でも改めて見れば身につける事が出来る可能性は十分にあると思われます。

 

覚えないほうが漫画的には盛り上がるかも・・・

けれど、これまでの善逸のキャラクターの性質として、

 

  • 女好きで騙されやすく
  • 弱虫ですぐに泣きながら…
  • 泣きわめきながら任務や修行を嫌だと駄々をこね
  • 仲間が女の子と接したとわかっただけで嫉妬し逆ギレしまくる

 

など、はっきり言ってマイナスの要素がてんこ盛りな存在でした。

 

そのマイナスの要素があればあるほど、時折見せる真剣な表情や懸命さ・優しさがより際立ち、人気投票でも二位になる程のキャラクターになったと言えます。

 

実力の点においても、ひとつの型しか覚えられなかった不器用な劣等生のはずの善逸が、努力に努力を重ね、そのひとつの型を極め他の多くの呼吸を使う剣士たちに勝るとも劣らない活躍をしているというのが善逸の最大の魅力になっています。

 

そしてだからこそ慈悟郎の

 

「泣いていい、逃げてもいい、ただ諦めるな」

「極限まで叩き上げ誰よりも強靭な刃となれ!」

 

という台詞に心打たれるのです。

 

それにもう読者も、どうしようもないマイナスの部分がなければそれは善逸ではない、完璧な善逸なんて善逸ではないくらいの認識なのではないでしょうか。

 

それを考えるとやはりこれまで通り、弐の型~陸の型は覚えないままの善逸の方が、鬼滅の刃という作品にとってはプラスなのかもしれません。

 

まとめ

善逸が今後弐の型~陸の型を習得し、雷の呼吸をすべて自在に使えるようになるのか・・・私はならないと思うし、ある意味なってほしくもないですね。

 

しかし、遊郭で仲間たちと共に上弦の陸を倒し、また無惨屋敷で、なり立てで鬼としての実力を完全に発しきれていなかったとはいえ、単独で上弦の鬼となった檜岳を倒した善逸は近い将来雷柱になるのは確実です。

 

その時、弟子に教えるのが壱ノ型と漆の型だけという訳にはいかないでしょう。

 

ならばどうするのかですが、善逸には、ぜひ火雷神のように新しい雷の型を編み出し、これから新しい雷の呼吸を作っていって欲しいと思ってしまいます。

 

善逸が唯一覚えた型は、雷の呼吸の全ての型の基本となる壱ノ型・霹靂一閃ですから、新しい雷の呼吸を作る事も可能ではないでしょうか。

 

仲間の炭治郎も教えられた水の呼吸、父から伝承されたヒノカミ神楽だけではなく、独自の呼吸を模索していますし、伊之助に至っては誰にも師事せず自分で編み出した獣の呼吸を使っています。

 

ならば善逸も同じく自分で呼吸を作り上げる可能性は高いのではないでしょうか。

 

今後善逸がどのような技を使い、どんな活躍をしていくのか、見守っていきたいと思います。

 

アニメ関連記事

➡ 鬼滅の刃無惨様が癇癪を起こし小物すぎると話題!マイケルと言われる理由とは?

➡ 鬼滅の刃アニメは2クール以上が確定?放送は原作何巻までされるのかも考察

➡ 鬼滅の刃炭治郎の痣を考察!柱でも出ない人や痣を持つ鬼もいる?【ネタバレ】

➡ 鬼滅の刃柱最弱は誰?胡蝶しのぶや宇髄天元がランキングする理由を考察

➡ 鬼滅の刃アニメ最新話の無料見逃し動画の視聴方法!アニポやアニチューブで見れる?