ダイヤのA act2にて、沢村が覚醒して真のエースになるのではないかと言われています。

 

いまや青道高校のエースナンバーを背負い、高校球児としてはトップレベルの能力を有すまでに成長した沢村。

そんな彼は、ダイヤのA act2にて覚醒してここまで成長したのです。

 

今回は、覚醒した沢村に標準を合わせてお届けしていきます。

 

ダイヤのA act2で覚醒した沢村栄純はヤバイ!

ナンバーズを習得

沢村は、ダイヤのA act2にてナンバーズという彼独自の変化球を習得しました。

現状彼が使うナンバーズである程度戦力として考えられる球種は、

 

  • ツーシーム
  • ストレート
  • チェンジアップ
  • スプリット
    (未完成)
  • カットボール改
  • ナックル
    (原作投球シーン未登場)

 

があります。

・・・既に6種類です(汗)

 

高校生としては十分なストレートを習得しているにもかかわらず、更に未完成含めても5種類の変化球を持っていると考えると、この時点でもはや最強レベルのピッチャーと言えますね。

実際、沢村はこのナンバーズを習得したことで覚醒したのです。

 

  • キレと伸びのあるストレート
  • クセ球
  • サウスポー

 

といった本来の彼の持ち味だけでなく、変化球を習得することで彼は真のエースへと成長していったのです。

ナンバーズは、沢村の最大の武器であるとともに、彼が急成長するきっかけにもなったと言えますね。

 

球速も135キロ以上に!

沢村は、高校2年生になったダイヤのA act2での沢村は、MAX135キロ以上のストレートを投げれるようになっています。

元々彼のストレートは伸びが凄まじく、球速以上の威力があると言われていました。

 

実際、高校1年製の時点で、ただのストレートなのに打ち損じ・空振りが多かったほどの一級品ストレート。

それが球速を身に着け、更に緩急をつけるチェンジアップをも習得しているとなれば・・・これは凄まじい武器ですね。

 

沢村の覚醒という観点で見ると、この135キロの速球もそれにあたりますね。

普通の高校生なら、この球だけで高校のレベルによりますがエース~2番手には入れます。

 

それが武器のたった一つであり、しかもコントロールよし、キレよし、伸び良しの豪速球となると・・・

もう無敵ですね(笑)

 

正確無比なコントロール

最近の沢村は、ナンバーズやストレートばかりに注目されがちですが、真の彼の武器は、その正確無比なコントロールです。

沢村は、クリスや御幸との練習の甲斐もあり、1級品のストレートを4隅にしっかり投げ分けることのできるだけの技術を持っています。

 

いくら速いストレートでも、ファーボール続出、ど真ん中にすっぽ抜けてばかりでは意味がありません。

沢村の球は、速度は並(といっても、一般高校レベルで見れば十分すごいですが・・・)ですが、それを補って余りある精度があります。

 

彼がナンバーズを完璧に習得し、これらも全て狙ったところに投げれるようになった時、遂にその才能は花開く時が来ます。

そう、真の覚醒、そしてエースへと成長を遂げるのです。

 

1試合完投できるスタミナ

沢村は、とにかくスタミナおばけです(笑)

まあ練習自体が好きですし、無茶苦茶な練習量をしっかりこなしていることもあって、ピッチャーに一番大切なスタミナは抜群!

 

完投することも調子が良ければ全く問題はありません。

 

スタミナは、完投だけでなくピッチングの精度にも影響してきます。

沢村のような細かいコントロールを武器にしているピッチャーにとって、その精度は非常に重要。

 

彼の驚異的なスタミナがあるからこそ、ナンバーズもストレートも光り輝き、より一層沢村を光らせることにもつながっているのです。

1年生時から練習にしっかり取り組み、スタミナを付けてきたからこその沢村の現在の覚醒・無双状態につながっていると言えますね。

 

バスターを習得して打力もアップ!

沢村は、バスター打法を取り入れることで打力もしっかり向上しています。

 

以前はバント職人という立ち位置でしたが、バスター(バントの構えから打つ)を覚えたことで、たまをしっかり見つつ、コンパクトなスイングで打てるようにもなっています。

これは、ピッチャーとしてでなく、一人の野球選手として沢村が覚醒しつつある兆しとも言えますね。

 

もちろんバスターですので、長打力は付くことはないですが、それでも沢村はヒットを打てる確率は大幅に上がりました。

バントが上手く、戦術に応じてヒッティングも狙えるとなると、普通に代打としても活躍する時が来るかもしれません。

 

チームを盛り上げるムードメーカー

沢村の覚醒はダイヤのA act2からですが、その前から彼は既にチームのムードメーカーです。

そう、このムードメーカーという能力は非常に重要で、青道高校がピンチなときでも、沢村に鼓舞され、みんながやる気を取り戻すこともしばしば。

 

だからこそ、沢村は信頼され、また同時にみんなに支えても貰えるのです。

 

彼はチームを支えるピッチャーであるとともに、みんなに支えてもらっている選手でもあります。

まさに、選手の理想形とも言えますね。

 

ピンチにこそテンションを上げていく沢村のメンタルは、きっと勝ち進んでいく上で大きな力になることでしょう。

 

エースを任されたという事実

ダイヤのA act2では、遂に沢村はエースナンバーを背負うことになりました。

 

降谷を追いかけ、並び、遂に抜いたという事実は、彼に強烈な自信を植え付けたことでしょう。

そうした経験はピッチャーにとって、非常に大きな糧となります。

 

エースナンバーを背負うことは、同時にチームの期待を一身に背負うことにも繋がります。

しかし、そういった経験は選手を爆発的に成長させ、超高校生級のピッチャーへと成長させることは、ダイヤのAに限らず、現実世界でも頻繁に起こっています。

 

沢村もまた、エースナンバーを背負うことに寄って芽生えた自信やプライド、そしてライバルである降谷との今後も続くエースナンバー争いが、さらなる覚醒を促し、彼を成長させることでしょう。

 

まとめ

今回は、ダイヤのA act2にて沢村が覚醒した現時点での能力を見ていきました。

 

はっきり言って、沢村は最強レベルのエースへと成長しつつあります。

これが漫画でなければ、既にプロ入り内定しているほどに彼は今強くなっています。

 

しかし、エースとして覚醒を始めたばかりの沢村は、今後もまだまだ成長していくこと間違いなし!

さらなる飛躍が期待できますね。

 

今後ナンバーズを更に増やすのか、あるいはストレートの球速が上がるのか、彼の成長がどのように進んでいき、そして覚醒することとなるのか。

漫画もアニメも、目が離せません!

 

アニメ関連記事

➡ ダイヤのA act2(3期)は原作何巻のどこまで放送?4クール以上の放送との噂も!

➡ ダイヤのAアニメ1期の動画を無料でフル視聴する方法!アニポやアニチューブで見れる?

➡ ダイヤのAact2(3期)のアニメ最新話動画を無料フル視聴する方法!アニポで見れる?

➡ 異世界かるてっとはクロスオーバー作品を知らない・見て無くても楽しめるかを考察!

➡ 異世界かるてっと映画化や2期・2クール放送を考察!可能性が高い理由とは?

➡ ダイヤのA前園健太(ゾノ)は嫌いで無能でうざいの声を考察!スタメン落ちもありえる?

➡ ダイヤのA沢村栄純は頭のいいエース?球速や球種、打率について考察!