ワンピースのゾロの都市伝説は、物語終盤に大きく関与してきそうです。

 

麦わら海賊団を語る上で外せない人物、それはロロノア・ゾロです。

世界一の大剣豪を目指し日々修行している彼は、新世界編に入ってからも無類の強さを示しています。

 

そんな彼には、死亡説という不吉な情報が常に流れています。

今回はその死亡説に加えて、目を閉じている理由が伏線だとする都市伝説についても、詳しく考察していきます。

 

ゾロ死亡説について

世界的な人気を誇るだけに、数々の都市伝説が叫ばれているワンピース。

ゾロの死亡説に関しても、いくつもお話が存在します。

 

代表的であるものを、1つ1つ見ていきましょう。

 

虎徹の呪い?

ゾロは、 呪いにより死んでしまうともいわれています。

 

どうして呪いによって死んでしまうと言われているのかというと、ゾロの持っている刀の一つ、「鬼徹」によるものです。

この鬼徹という刀は呪われていて、刀を振るった剣豪は、最後には必ず悲運の死を遂げているという話があるからです。

 

刀が呪われていると言う発言をした1コマは、ローダウン編にて、店主である「いっぽんマツ」が発した言葉なので、見逃してしまっている方も多くいると思われます。

「いっぽんマツ」は、

 

「この世に鬼徹を使っている剣士は一人もいない。」

 

とも言っています。

その後に、ゾロが「鬼徹」を手にすることになったので、「いっぽんマツ」が発したこの言葉は、ゾロが死亡する「伏線」ではないかと言われているのです。

 

本当に「鬼徹」の刀が呪われているとしたら・・・

ゾロは、「鬼徹」の刀を使っているときに、死んでしまう可能性もあるということですね。

 

モデルとなった人物と同じ末路か

ゾロには、モデルになった人物がいるのをご存知でしょうか?

その人物と言うのが、ゾロの名前の一部である、「ロロノア」という部分の元になった、フランソア・ロロノアという実際に存在した大海賊です。

 

2人の性格的には、フランソア・ロロノアは島の住民を殺したりと、酷い性格をしているのですが、ゾロはお人好しなところがあるなど全く違います。

ですが、この二人には1つだけ共通点があります。

 

その共通点と言うのが、フランソア・ロロノアは最後に流れ着いた島の住民に殺害されてしまい、ゾロは逆に、虐げられていた原住民の人を助けたりしていたということがあり、二人とも地元の人たちとの間でなにかしらのトラブルに巻き込まれているということなのです。

 

ゾロのモデルになっている人物のように、ゾロは誰かに裏切られたり、腕を失ったり、今後命を落としてしまうこともあるかもしれません。

 

ルフィを強くするためのきっかけ

ルフィを強くするためのきっかけとして、ゾロが死ぬのではないかと言う噂は、漫画雑誌「ジャンプ」では、定番の展開です。

 

1番代表的な話と言えば、ドラゴンボールではないでしょうか。

ドラゴンボールでクリリンが死んだときに、悟空は怒りによりスーパーサイヤ人になりました。

 

このような展開が他の漫画で起こっているからこそ、ワンピースも同じような展開があるのでは?と言われています。

 

詳しく言えば、ルフィが、ゾロが死んだことにより「ギア4を上回る」技を披露するだろうということです。

「ギア5」または「ギアメガ」と、「ギア4」よりも上を行く強い技はまだまだたくさん隠されているのではないかということです。

 

ルフィを強くするためにゾロが死ぬのならば、良い死に方ではありますよね。

何より、最も付き合いの長いゾロの死は、ルフィに大きな変化をもたらすはずです。

 

ワンピースの漫画的には、とても面白い展開になっていく・・・

ある意味ストーリーの幅を広げると共に、一生読者の記憶にも残る退場の仕方なのではないでしょうか。

 

片目を閉じているのは複線だった!?

新世界に入り、ゾロがいきなり片目になっていて、びっくりした方もたくさんいるでしょう。

 

ゾロが片目になっていることに関して、何かしら仲間内で話していてもおかしくないのですが・・・

仲間内で一言もゾロの片目に関して、突っ込んでいないのでとても不思議ですよね。

 

ルフィなんて、シャンクスの腕が取れた時、自身が原因だったとは言え泣き叫んでいます。

また、そうでなくても仲間思いの麦わら海賊団で、一切このことを話題にしないのもおかしな話です。

 

実は、片目がふさがったわけではなく、何らかの理由で閉じていて、それをみんな知っているから、触れようとしない…

このような理由でゾロは片目になったのでは?と言われているようです。

 

修行中傷ついた

新世界編に入る前に、ゾロは2年間もの間、ミホークの元で修業をしていました。

そのため、ミホークとの修行中に片目を傷つけられたとも言われているのです。

 

確かにそう考えると辻妻も合うので、この都市伝説が一番有力に感じられますよね。

ですが、ミホークほどの男が、鍛えようと決めた剣士の、命とも言える距離感=片目を奪うようなヘマをするでしょうか?

 

「期待を裏切られる」ことばかりが起こる、ワンピースと言うアニメ。

この噂も、裏切られるものであり、本当は全く違うのではないか?とも言われています。

 

心眼を鍛えるため

ワンピースの作者である、尾田先生は「るろうに剣心」の和月伸宏先生の下で、アシスタントをしていた時期もあるのだとか。

 

「るろうに剣心」を見たことがある人は分かるかもしれませんが、片目の剣士「宇水」というキャラクターがいました。

この「宇水」は、「心眼」と言って、目が見えない代わりに相手の呼吸などを察知して戦うという、とてもすごい剣士だったのです。

 

尾田先生は、るろうに剣心の中でも、この「宇水」というキャラクターが一際大好きだったのだとか。

そのため、自分の漫画のキャラクターであるゾロを、この「宇水」のようなキャラクターにしたくなり、「心眼」を鍛えるために片目を閉じているのではないか?という説もあるのです。

 

片目にすることで自分にハンデを付けている

片目にすることで自分にハンデを付けているのでは?という説もあります。

 

確かに片目にするだけで、両目が見えるときに比べてだいぶハンデですが、その分、様々なことに集中し、強くなれるような気がしますよね。

 

  • 視野が狭い
  • 距離感がない
  • 死角が増える

 

と、剣士にとって致命傷とも言える欠点を完全に補えた時、ゾロはさらなる強さを手に入れ、ミホークにも迫るのではないでしょうか。

 

尾田先生は、ゾロを強くさせるための伏線として、あえて片目にしているのかもしれません。

 

ワンピースのゾロの都市伝説まとめ

ゾロの死亡説について見ていきました。

 

予想を超えるのがワンピースでもあります。

もしかしたら、今回お伝えした都市伝説とは、全く違う死に方をするかもしれませんね・・・

 

片目になったことに関しても、いきなり片目になり、その話を一切漫画・アニメ内で触れていないと言うのは、とても不思議で不気味です。

 

今後のストーリーの展開で、ゾロが片目になった理由が分かるときが来るでしょう。

これもまた、予想をはるかに超えた理由かもしれません。

 

ワンピースは本当に、読者をワクワクさせ、続きを見たいと思わせるのが上手いマンガだと思います。

今後の展開に期待していきましょう!

 

関連記事

➡ ポケモンピカチュウバージョンの都市伝説を考察!ロケット団のメッセージ?

➡ ポケモン初代主人公レッドの都市伝説!正体はギラティナで既に死亡していた?

➡ くねくねの怖い都市伝説と正体を考察!海辺や畑で発見した時の対処方法は?

➡ ドラえもん都市伝説を考察!消えた6人目・謎の友達の名前は安雄?

➡ ポケモン都市伝説!ピカブイのパッケージに感動の細工を発見!

➡ コナンの最終回の都市伝説を考察!新一の夢オチやコナンが泣くとの噂も!

➡ 約束のネバーランドノーマンの正体はクローン?鬼だとする都市伝説も考察