都市伝説【赤いクレヨン】について解説します。

 

数多くの都市伝説がこの世には溢れています。

その一つ、赤いクレヨンは、実は元ネタがあると言われているお話の一つ。

 

子供たちが使うクレヨンが、一体どのような都市伝説を生み出したのか・・・

詳しく見ていきます。

 

都市伝説【赤いクレヨン】を解説

とある夫婦が、中古の一軒家を購入しました。

 

中古・・・とは言え、新築と行っても過言ではなく、にもかかわらず値段はとっても安い!

夫婦は大喜びして家を購入したのでした。

 

家の中は快適そのもの、とっても住みやすく、最高の環境と言えるものです。

 

そんな生活が続いたある日、夫婦は廊下に赤いクレヨンが落ちているのを見つけました。

 

しかし、夫婦の間に子供はおらず、赤いクレヨンを使う必要もなければ、そもそも持ってすらいません。

とは言え、他人が勝手に入り込んだ形跡もない。

 

にもかかわらず、そこに赤いクレヨンが、いつの間にか床に落ちている・・・

しかも、一度だけならまだしも、そんなことがこの家に越してきてから何度も続くのです。

 

その事を不思議に思った夫婦は、その家についてくまなく調べてみることに。

家の見取り図を手に入れ眺めていると、あるおかしな点に気づきます。

 

一箇所、本来なら空間があるはずの作りにもかかわらず、ドアなどの入り口がなく、壁で覆われている部分があるのです。

 

よく見ると、壁紙のクロスが少しだけ剥がれています。

夫婦は、何か言いようのない薄気味悪さを感じたのですが、意を決して壁紙を剥がしました。

 

すると、そこには・・・釘で打ち付けられた板が出てきたのです。

それは本来あるべき部屋への入り口を塞いでいるものでした。

 

いよいよ怖くなってきた夫婦ですが、それでも勇気を振り絞り、その板を壊します。

そして、中へと入っていくと・・・

 

壁・床、当り一面全て真っ赤部屋

 

でした。

 

一瞬「血っ!?」と恐怖する夫婦ですが、どうやら血ではないようです。

少し安堵しつつ、中に入る夫婦二人。

 

「一体何なんだこの部屋は?」

 

そう思いつつ、更に詳しく調べるため壁に近づいてみた瞬間、夫婦は言葉を失います。

 

壁は、真っ赤なのではなかったのです。

壁一面、びっしりと赤い文字で埋め尽くされていたのでした。

 

おとうさんおかあさんごめんなさい

ごめんなさいここからだしてごめんなさいおとうさんおかあさん

ここからだしてだしてごめんなさい

だしてだしてだしてだして…

 

その文字は、赤いクレヨンで書かれたものでした・・・

 

赤いクレヨンは元ネタありの実話?

背筋も凍るような話ではありますが、この都市伝説・赤いクレヨンが広まったのは元ネタがあります。

それは、伊集院光さんです。

 

実は、彼が某番組の怖い話特集の企画で紹介したものがそのまま広がっていき、どんどん人づてに拡散。

いつしかその話に尾ひれがついていき、ついに都市伝説と化すまでに成長を遂げた、というわけです。

 

まだSNSも普及していない時代に、テレビで話した1度の物語が広まっていき、都市伝説と化す。

都市伝説が生まれる瞬間って、なんだか人の力では及ばない部分が大きいのではないかと思わせてくれますね・・・

 

安い物件・中古物件にはなにか問題がある・・・このような人の心理を表現した都市伝説として、今なお多くの方に愛され、同時に恐怖のそこへと叩き落としているお話でありました。

 

ちなみに、今回のように明らかないわくつきな物件は

 

 

となっています。

この瑕疵とは、ざっくり言えば何かしらの問題・いわく付きな物件であるという証明であり、その分値段も安くなるというわけです。

 

本来は必ず家を購入する前に不動産屋から話がありますので、現実にこういった事件に遭遇することはまずありません。

 

・・・ただし、賃貸物件の場合、この瑕疵=いわくつきな理由を説明しなくても良いという裏技も存在しています。

くれぐれも、安すぎる物件・お得すぎる新居にはご注意を…

 

まとめ

都市伝説、赤いクレヨンはいかがだったでしょうか?

 

ちなみに舞台裏を明かしますと、この都市伝説【赤いクレヨン】の元ネタを語ったとされる伊集院光さんのお話は、100%嘘、つまり作り話と公言しています。

もともと伊集院さんは怪談づくりが趣味であり、このお話も彼の趣味から生まれた数多くの話の一つに過ぎない・・・はずでした。

 

しかし、都市伝説は語られ続けることでその話自体が力を持ち、いつか具現化していくものです。

伊集院さんの手を話し、噂が独り歩きし、いつしか全国にまで広まっていった都市伝説・赤いクレヨン。

 

今は、もう作り話ではなく、本当に存在しているのかもしれません・・・