ディズニーランドでの誘拐に関する都市伝説、知っていますか?   誘拐事件は、日本全国で起こっている悲しい事件です。 ただ、それが夢の国であるディズニーランドでも起こっていることは、世間には知られていません。 & […]

ディズニーランドでの誘拐に関する都市伝説、知っていますか?

 

誘拐事件は、日本全国で起こっている悲しい事件です。

ただ、それが夢の国であるディズニーランドでも起こっていることは、世間には知られていません。

 

さて、ディズニーランドと誘拐・・・その関連性について見ていきます。

 

記事は下に続きます。

ディズニーランドの誘拐に関する都市伝説

ディズニーランドと言えば、夢の国!

子供も大人も幸せになれる場所です。

 

しかし、そこで連れ去られている人がいると知ったら、あなたはまだ、夢の国と呼べますか?

 

東京ディズニーランド誘拐事件

以下のような事件が、まことしやかに語り継がれています。

 

  1. 3~5歳前後の子供が一人でトイレへ
  2. そのまま入ったきり出てこない
  3. キャストに報告すると、すぐに捜索してくれるが見つからない
  4. 髪型が違う・服も着替えさせられている、等誘拐を視野に捜索開始
  5. 子供は、髪を切られ、服も着替えさせられている状態で発見された
  6. 靴のみ履き替えさせられていなかったことが、発見のきっかけである
  7. 犯人は無事逮捕され、子供は親のもとに戻った
  8. 犯人が子供を誘拐した目的、それは・・・
  9. 子供の臓器売買であった

 

といった話です。

また、別パターンもあり、同じくトイレに行った後、子供が行方不明に。

 

その時、男が大きなカバンを持って出てきたが、不自然にカバンが膨らんでいる。

キャストと共に親が問い詰めると、犯人はカバンを置いて逃走。

 

カバンの中には、無理やり押し詰められた子供が入れられていた、というものです、

 

いずれの話でも共通しているのは、ディズニーランドのトイレで起きた事件という点。

 

確かに、あれだけ人が多いディズニーランド。

一度トイレに行ったら、並んでいることもありしばらくは出てこない。

 

10分ほどなら親も特に慌てること無く待っているはずです。

十分に、誘拐が可能な時間となっています・・・

 

ちなみに、このトイレですが、実は誘拐されやすいトイレというのが決まっているんです。

それは

 

  • スプラッシュマウンテン出口側のトイレ
  • クリッターカントリーのトイレ

 

である。

たしかにこの2ヶ所、ちょっと見えにくい場所ということもあり、誘拐するにはうってつけ。

 

場所まで明確に提示されていて、更に、この噂は1990年台より言われ続けている・・・

これらの答えから導き出されるのは・・・いまだ、ディズニーランドで誘拐が続いているという悲しい事実なのです。

 

迷子の呼び出しはしない

ディズニーランドでは、迷子の呼び出しは行われていません。

これは、表向きと裏向きの理由があります。

 

表向きの理由、それはキャストが迷子をすべて解決してしまうからです(^^)

ディズニーランドには、様々なキャストがあちこちで働いています。

 

カストーディアルキャスト=清掃担当のキャストが、迷子の子供を発見、保護して親の元へ届ける。

つまり、迷子の呼び出しをする必要がないのです。

 

あるいは、アトラクションキャスト・フードキャストが見つける場合もあります。

彼らは持ち場があるので、すぐに無線などでセキュリティキャストを呼び、引き継ぎます。

 

ディズニーランドでは、キャスト同士の連携も抜群で、迷子という他の遊園地なら難しい問題も、一瞬で解決してしまうのです!

ちなみに、親が同伴して探してくれた場合、15分以内にはほぼ間違いなく見つかるとのこと。

 

また、ディズニーランド内にも迷子センターがあり、万一親が見つからない場合は

 

  1. 迷子センターで保護する
  2. 子供の行動範囲は狭いため、比較的すぐ(15分以内)に親は見つかる
  3. 親を連れ、迷子センターへ
  4. 子供の引き渡しを行う

 

と迷子用の手順・マニュアルも万全です。

これらの連携は完璧で、ディズニーランドでは迷子が発見できないケースは、いまだかつて無いと言われています。

 

 

・・・そう、表向きは、ね。

では、裏向きの、つまり隠された真実をこれからお伝えしていきます。

 

ディズニーランドでは入退場のゲストの数は合わない

ディズニーランドでは、入退場のゲストの数は合わないのです。

 

基本的に、ディズニーランドでは入退場は電子的に管理されていて、数を間違えることはありません。

更に、園内はキャストがくまなく見ているし、閉園後はカストーディアルキャストが完璧な掃除で、いつもランド内をピカピカに保っています。

 

だから、迷子やいたずらでディズニーランド内に人が残っていることは決してありません。

にも関わらず、数が合わないのです。

 

では、その理由は・・・?

帰ってこない子どもたちの、悲惨な結末をお話します。

 

イッツ・ア・スモールワールドで人形になっている

イッツ・ア・スモールワールドの人形って、とっても可愛いですよね(^^)

行くだけで癒やされるような気になります。

 

まるで生きているかのようにも感じるよく出来た人形は、それもそのはずです。

だってあれ・・・

 

ディズニーランドから帰ることが出来なかった子どもたちの成れの果て

 

なのですから。

 

園内で迷子になった子どもたちの一部は、イッツ・ア・スモールワールドの人形に変えられ、飾られているのです。

もし今度行く機会があれば、人形たちを見てみて下さい。

 

目から、涙を流している姿が目撃できる、かもしれませんよ?

 

ジャングルクルーズのキャプテンに

ジャングルクルーズ周辺で迷子になった子どもたちは、キャストとして育成されます。

 

外の世界での記憶は抹消され、新しい記憶が植え付けられます。

そして、ジャングルクルーズのキャプテンとして働くべく、指導を徹底して行われます。

 

確かに、あの陽気な船長たちは、どこか違和感を感じさせる明るさと言いますか・・・

不自然な感じを受けることも。

 

外の世界を忘れ、ひたすらにキャプテンになるべく育成されたのなら、あの違和感も納得です。

 

ディズニーランドでの誘拐は今も…

今回は、ディズニーランドでの誘拐に関する都市伝説を紹介しました。

 

毎年失踪する子どもたちがいるとされるディズニーランド。

大騒ぎになっていない以上、多くはないですが、必ず何人もの子どもたちが、入場したときはいて、退場時には、カウントされないままに、一日の終わりを告げてしまうのです。

 

ディズニーランド関連の事故や事件は、ほとんど放送されません。

夢の国でもあるディズニーですが、その絶大な権力を前に、逆らえるメディアはいないのです。

 

おそらく私も、この記事を書いてしまった以上、目をつけられているはず。

しかし、最後に伝えることが出来てよかったです。

 

これで少しは、息子の無念、晴らせたかな・・・

 

あなたも、お子さんが大事なら、絶対に目を離さないでくださいね。

特に、スプラッシュマウンテンとクリッターカントリーのトイレでは、絶対に・・・!

 

関連記事

➡ コナンの怪盗キッドの都市伝説!謎の正体や工藤新一との兄弟説を考察!

➡ クレヨンしんちゃんの感動する都市伝説!泣ける病気の話が話題に!

➡ クリスマスツリーの怖い都市伝説!悪魔崇拝との関連性についても考察!

➡ クレヨンしんちゃんのネネちゃんの怖い都市伝説!殴られウサギのホラー話!(動画あり)

➡ ディズニーランドのスプラッシュマウンテンの都市伝説!カップルに怖い話!

➡ ディズニーランドのカリブの海賊の怖い都市伝説!白い花は幽霊への手向け?

➡ クレヨンしんちゃんのしんこちゃんの怖い都市伝説!正体は何者でひまわりとの関係は?