ディズニーの閉園後は、見てはいけない世界でした・・・   夢の国・ディズニーランド。 いつまでも痛くなるような最高の空間ですよね(^^)   ただ、ちょっと待ってください。 閉園後まで長居するのは危険 […]

ディズニーの閉園後は、見てはいけない世界でした・・・

 

夢の国・ディズニーランド。

いつまでも痛くなるような最高の空間ですよね(^^)

 

ただ、ちょっと待ってください。

閉園後まで長居するのは危険です。

 

あなたがディズニーランドの闇を、見たくないのなら、ね。

今回は、閉園後のディズニーランドに隠された怖い都市伝説を見ていきます。

 

記事は下に続きます。

ディズニー閉園後の怖い都市伝説

ディズニー閉園後の怖い都市伝説・・・

果たしてどのようなお話があるのでしょうか。

 

夢の国でもあるディズニーなので、怖い都市伝説があるなんて考えられないですよね。

楽しいことしか起こらない場所何じゃないの?

 

なんて思っている方、すいません。

どうやら夢の国の実態は、夢とは程遠いもののようです・・・。

 

どうしてゲストがこんな時間に?

ディズニーの閉園時間は日によって違うのですが、基本的には22時になります。

意外と、イメージよりも夜遅くまで夢の国に入れるという印象ですね。

 

朝早く来て、夜遅くまで一日中夢の国にいたら、もう帰りたくない!

ずっと夢の国にいたくなっちゃいますよね。

 

あなたを始め、ゲストの皆さんもきっとそのような気持ちのはず。

そのため、ゲストがみんな22時にディズニーを出ていくなんてことは・・・まずありません。

 

22時の閉園時間にもかかわらず、いろんな場所で写真撮影を楽しんでいたり。

お土産屋さんで、お土産を選んでいる人もいれば、出口には向かわず、ディズニーランドの奥の方に向かっていくゲストもいるのです。

 

22時半ころには、だいたのゲストの方が出口へと向かっていきました。

が、静けさの中、数人はまだ出口へと向かいません。

 

10分後の22時40分、閉園時間から40分が過ぎ、ようやくゲストがみんなデイズニーを後にしたのです。

 

22時40分過ぎには、パークの奥の方から懐中電灯を照らしながら、落とし物がないか確認しているキャストさんが歩いてきたりするのです。

 

と、このように22時に閉園ということで、アトラクションなどは乗れなくなるのですが、お土産屋さんはやっていたりと、パーク内は営業している形になります。

このあたり、ゲストへの心遣いを忘れなディズニーらしい気遣いですね(^^)

 

デイズニーランドはこのような感じで23時前には、ゲストがみんな帰るのですが・・・年に1,2回この次官になっても、もゲストが残っていることがあるのです。

 

それはなぜか。

実は、このようなイベントが開催されていたのです!

 

1000人限定「謎解きプログラム」

完全貸し切りイベントとして、1000人限定のイベントが開催されることがあるのです。

それが「謎解きプログラム」

 

ゲストは、それぞれに渡された超難関な謎解きを園内を巡りながら解いていくのです。

この「謎解きプログラム」の参加条件は、ディズニーホテルの宿泊者や、専用パスポートの購入など。

 

一度は「謎解きプログラム」やってみたいですよね!

 

サンクスデー

年に一度行われる、キャストのための日です。

普段デイズニーで働くキャストへ感謝の気持ちを伝えるために行われるイベント。

 

閉園後の22時から行われるのですが、この日だけはアトラクションも夜中まで運行しているのです。

なんとこの日に働くのは、普段働いているキャストさんたちの上司の人たち。

 

中には、清掃員の仕事を務める社長の姿まであるのだとか。

 

さすが、ディズニー。

本当に素敵なことをしますよね。

 

ゲストがこのような時間、夜遅くにいるのは、イベントごとがたまにあるからということですね。

 

と、ここまでは、夢の国に敬意を評して、表向きの理由を紹介しました。

ではおまちかね、ディズニーの裏側・・・覗いてみましょう。

 

背後のドナルドに気づかずに・・・

ディズニーランドのキャラクターたちはどこで寝ているのだろう?と話題になっていることがありました。

 

そんな時、ディズニー好きのカップルが、閉園後にばれないように隠れて、キャラクター達を観察していたのです。

 

観察し始めて少しすると、キャラクターたちが集まり始めました。

そして、「かんぱーい!」と言いながら宴会を開き始めたのです。

 

「・・・え?」

 

カップルは唖然として、ばれないようにすぐ帰りました。

キャラクターたちがお酒を飲むなんて考えもしませんでしたからね・・・。

 

次の日、友達などにそのことを報告したのですが、みんな全く信じてくれなかったのです。

 

「本当の事なのに・・・」

 

と思ったカップルは、

 

「今度は証拠をビデオに収めてこよう!」

 

と、再びディズニーランドの閉園後に隠れ、キャラクターたちを観察し始めたのです。

すると、遠くから「ぎゃー!」とミッキーの叫ぶ声が聞こえたのです。

 

「どうしたんだ?!」と、声のする方に行くと・・・

 

ミッキーがほかのキャラクターたちに蹴られ、殴られていたのです。

 

どうやら、今日のダンスでミッキーが失敗してしまったよう・・・。

とても衝撃的な出来事を、とにかくビデオに収めようとビデオを必死に撮っていた二人。

 

背後から近寄ってくる「ドナルド」には一切気づきませんでした。

 

「みーたーなー・・・!!!!」

 

と言われ、ドナルドに首根っこを捕まえられた二人。

そして・・・

 

残念ながら、ここで都市伝説は終わりです。

この後に二人が何をされたのかも全く分かりません。

 

最後どうなったのか語られない・・・とても不思議ですよね。

とにかく、閉園後のディズニーランドは知らないほうが良いでしょう。

 

別世界に連れて行かれる?

デイズニーは夢の国なのに、別世界に連れて行かれるってどういうこと?と思いますよね。

そこには、このような都市伝説があるのです・・・。

 

ある男性が、ディズニーに泊まりたいがために、閉園後も帰宅せず、キャストの目から逃げて隠れていました。

キャストの園内の見回りも終わり、周りはとても静かに・・・

 

「やった!デイズニーに泊まれるぞ!」

 

と喜んだ男性。

喜ぶのもつかの間。

 

後ろから、あの声が聞こえたのです。

 

「ハハッ!どうしてこんな時間にゲストがいるのかな?」

 

「ハハッ!」というのは、あの人気キャラクターしかいませんよね。

そうです。

 

ミッキーです。

ミッキーに声をかけられた男性の、その後の姿を見た人は誰一人いません。

 

  • 「目覚めたら病院にいた。」
  • 「殺された」

 

などの噂もありますが、一番多いのは

 

「別世界に連れて行かれた。」

 

ということ噂です。

ミッキーたちのいる本当の世界に連れていかれてしまったのかもしれませんね。

 

ちなみに・・・

 

デイズニーランドは入場者数と、退場者数の数が微妙に違うことが多々あるようです。

閉園後に残るのはやめたほうがいい

閉園後のディズニーランドの都市伝説について語らせていただきました。

とにかく、ディズニーランドの閉園後に残るのは辞めたほうが良いですね。

 

必ず、あなたの身に何かしら起こってしまうからです。

 

あなたがまだ、この世にいたいのならば、別世界には行きたくないのなら。

ディズニーランドが閉園する時間にはしっかりと帰るようにしましょうね。

 

関連記事

➡ ディズニーランドの誘拐に関する怖い都市伝説!毎年失踪する人間がいる?

➡ ミッキーの指はなぜ4本かの理由を考察!本数が示す都市伝説とは?

➡ ディズニーランドの誘拐に関する怖い都市伝説!毎年失踪する人間がいる?

➡ ディズニーシーのタワーオブテラーの都市伝説!通路にまつわる怖い話とは?

➡ ディズニーランドの都市伝説!カラスがいない理由は超音波とキャストの努力

➡ ディズニーランドのカリブの海賊の怖い都市伝説!白い花は幽霊への手向け?

➡ ミッキーマウス中の人に関する都市伝説!声優はウォルトで身長体重も判明?