ダイヤのA沢村栄純が実は頭のいいエース向きの人間ではないかと話題になっています。

 

この記事では、ダイヤのAの沢村栄純について、

 

  • 頭の良さ
  • 球種
  • 急速
  • 打率

 

等、彼に関するありとあらゆるデータを徹底解剖していきます!

 

ダイヤのA沢村栄純を徹底解剖!

沢村栄純はダイヤのAの主人公で、スポーツの名門である青道高校の左投手です。

 

エースには投球や打撃などの技術的な面のほか、状況を判断する能力などが必要です。

はたして沢村はエース向きの人間なのでしょうか。

 

今回は、この沢村栄純がエースになれる人物なのかを、彼に関するデータから考察していきます。

 

実は頭がいい

結論から申し上げますと、良くはないです(笑)

 

頭と言っても学業成績の方ですが、中学時代の成績は散々なものでした。

それが金丸の指導によって赤点を回避できた程度の学力です。

 

沢村の通う青道高校はスポーツの名門校なので、学校全体のレベルも高くないと思われます。

しかし、指導によって赤点を回避できたことから考えても、飲み込みは悪くないのでしょう。

 

本当に頭が悪ければ、指導を受けても成績は上がらないはずですから。

ですので、学業成績だけで頭が悪いとも言えないのではないかと思います。

 

また、なんだかんだ言いつつも、野球については練習方法なども考え、また先輩の指導に素直に耳を傾けるなど、頭を使うシーンはよく見られます。

野球IQという観点から見ると、彼はかなり頭のいい選手と言えそうですね。

 

沢村栄純の現在の球速・球種について

青道高校に入学した当初は球速は遅めでした。

クセ球で打たせて取るのがメインと言った、技巧派ピッチャーのそれでしたね。

 

しかし時間が経つにつれて大きな成長を見せており、ACT2では135キロ前後となっています。

 

沢村の武器として、7色の変化球を操るという「ナンバーズ」があります。

彼は元々柔軟性が高く手首のスナップもしなやかで、不規則に変化する「くせ球」を投げていました。

 

その「くせ球」を御幸和也と共に進化させたのが、ナンバーズとなっています。

 

ナンバーズにはボールの変化により、それぞれに数字がついています。

ここで、いくつか紹介しましょう。

 

ナンバー3 チェンジアップ

ストレートと球速に差があることがポイントです。

 

ボールに回転がかからないようにして、タイミングをずらします。

これは沢村が初めて覚えた変化球で、沢村の代名詞とも呼ばれています。

 

急速がそこまで早くない沢村も、遅い球との緩急を用いることで、ストレートを急速以上のものとして相手に錯覚させられるのです。

 

ナンバー4 ストレート

投球の基本であるストレートで、沢村の一番の武器です。

 

別名フォーシームとも言い、4本の指を縫い目にかけて投げることからこう呼ばれています。

沢村のこの投球は、強豪である西邦高校との練習試合で、相手の打線を完全に封じました。

 

もし体が完全に出来上がり、140キロを超える投球になった時・・・彼のこのストレートは、文字通り魔球へと変貌すると言えますね。

 

ナンバー7 カットボール改

1年の夏に修得したナンバー6カットボールに、さらに磨きをかけたのがこの「カットボール改」です。

 

打者の手元でスライダー方向に曲がります。

初めて沢村がこれを投げた時は、名キャッチャーである御幸ですらキャッチできませんでした。

 

打者からしたら、打てる気さえしないえげつない変化に見えているのでしょうね。

 

沢村栄純の打率が驚くべき数字

気になる沢村栄純の打率ですが…ほぼ0です(笑)

試合でもほぼ毎打席三振しています。

 

ただ、彼の場合バントが天才的に上手いので、犠打を打つことが多いです。

ヒットも全くゼロではないので、バントをしなければ1割強はあるのかなと思います。

 

ですが、実際は登板した試合ではバント以外で活躍することはほぼありません。

ですので、実質的には打率は0割台と言えるでしょう。

 

沢村本人は打撃が下手という自覚がないというところにも驚きです。

しかし、1年の冬から弱点を自覚し始めました。

 

弱点を自覚して彼のバッティングがどう変化していくのかにも注目ですね。

 

ただ、バントができる選手=選球眼が良い選手、なので、何かのきっかけで化ければ、彼のバッティングの才能も開花するのではないかと思われます。

 

沢村栄純のモデルがいた!?

沢村栄純には何人かモデルになっている人物がいると言われています。

投球フォームのモデルは、原作者の寺嶋先生が公表している通り「和田毅選手」です。

 

ソフトバンクのサウスポーで、出所が見えづらいフォームが沢村と共通しています。

また、沢村の武器である変化球も何種類か持っています。

 

実は、この和田選手も高校の時は急速130キロにも満たないピッチャーでした。

そして、大学に入り急成長を遂げ、わずか2ヶ月で140キロを超える速球へと進化したのです。

 

あるいは沢村も、短期間で成長し、140キロの超速球を身につけるのかもしれませんね。

 

そして、名前のモデルは戦前に巨人で活躍していた「沢村栄治」ではないかと言われています。

記録は残っていませんが、球速は150~160キロは出ていただろうとの話です。

 

名前に関しては別の考察もあり、原作者がファンであるTHE ROCK HORNのギター「菅波栄純」から「栄純」の名前が使われたのではないかとの噂もあります。

 

エースになれるかを考察

投球に関しては文句なしでエース級でしょう。

様々な変化球を投げ、強豪校をも封じたほどです。

 

さらに、彼は驚くべきスピードで進化をしています。

これからも投手として成長し続けるでしょう。

 

打撃には不安が残りますが、バントに関しては天才的な才能を持っています。

さらに自分の弱点を認識したことにより、改善に努めています。

 

投球だけではない沢村を見られる日もくるかもしれません。

 

そして、忘れてはいけないのが「降谷暁」の存在。

沢村は先輩から

 

「降谷がいる限りお前はエースにはなれない」

 

と言われたこともあります。

実際、沢村がエース級なら、降谷は間違いなく超高校級のエースピッチャーです。

 

ストレート・変化球・バッティング、全てが一流です。

ムラはありますが、現時点では沢村よりも総合力は高いと言わざるをえませんね。

 

しかし、沢村と降谷は互いにライバルとして認めている関係です。

さらに降谷はスランプに陥ったり背中を痛めたりしたこともあって、まだまだどうなるか分かりません。

 

沢村がエースになれるかどうかは、降谷がカギになりそうですね。

 

まとめ

今回は、ダイヤのAの主人公「沢村栄純」の能力や、エースになれるかどうかについて考察しました。

 

沢村は投手として強力な武器を持ってはいますが、粗削りな部分も多いです。

しかし、持ち前の身体能力と根性により、これからも進化を続けることでしょう。

 

また、高校2年生で身体もこれから完成されていく時期でもあります。

ライバルである降谷暁との今後の関係性にも注目したいところです。

 

青道高校の時期エースが誰になるのか、楽しみです!

 

アニメ関連記事

➡ ダイヤのAアニメ1期の動画を無料でフル視聴する方法!アニポやアニチューブで見れる?

➡ ダイヤのAact2(3期)のアニメ最新話動画を無料フル視聴する方法!アニポで見れる?

➡ この音とまれアニメはどこまで放送されるのかを考察!2クールは確定で原作何巻までか

➡ ぼくたちは勉強ができないは先生ルートで確定?真冬先生エンドを考察!

➡ 進撃の巨人ミカサがエレンを好きな理由!恋愛感情の有無や結婚の可能性も考察

➡ 仮面ライダージオウ白ウォズ退場が近い?消滅の可能性を考察!

➡ 賢者の孫は酷いしむかつく、イライラと批判続出?イタい、不快だと言われる理由を考察!