名探偵コナンのスピンオフコミック「ゼロの日常」のTIME15、16では、安室透こと降谷零とその部下・風見祐也がカレーを食べる話が登場します (単行本2巻参照)   こだわりが強い降谷さんのカレーの食べ方、そして […]

名探偵コナンのスピンオフコミック「ゼロの日常」のTIME15、16では、安室透こと降谷零とその部下・風見祐也がカレーを食べる話が登場します

(単行本2巻参照)

 

こだわりが強い降谷さんのカレーの食べ方、そして美味しそうなカレー…。

一体何処のカレーをモデルにしているのでしょうか。

 

記事は下に続きます。

ゼロの日常のカレー屋って?

先述の通りスピンオフコミック「ゼロの日常」のTIME15、16に登場するこちらのカレー。

TIME15で主にカレーの話をしています。

 

風見祐也がとあるカレー店に入店すると満席で、相席をすることになります。

相席の相手は風見さんの上司、降谷零でした。

 

相席をして二人でカレーを注文します。

風見さんはビーフカレーの激辛、降谷さんはチキンカレーの中辛を注文。

 

風見さんは辛いものに目がないとのことで、いろいろな激辛料理に挑戦しているのだとか。

カレーが到着すると早速赤い福神漬を取ろうとする風見さんですが、厳しい上司・降谷さんに睨まれ、白いらっきょうがよく合うとおすすめされます。

 

赤とつくだけであの因縁の人物を思い出してしまうから、とはいえどれだけ赤色NGなのか…。

セットで別に盛られてくる蒸したじゃがいもは皮をむいてカレーの具として食べるのが降谷さんスタイル。

 

2巻の帯でこの食べ方は青山剛昌先生と全く同じ食べ方だと、先生自らコメントされていました。

降谷さんのこだわりの強いカレーの食べ方に風見さんは付き合いながら、二人共に完食しました。

 

TIME16では不審車両を追跡中に横転し怪我をした白バイ隊員の話をしています。

現場付近にいた降谷さんは白バイ隊員に代わって白バイで不審車両を追跡する、という回想が中心の話になります。

 

TIME16の間もこちらのカレー店におり、最後にデザートの話もしています。

白バイに乗る降谷さんがかっこいいのでTIME16はぜひ読んでください。

 

以上がこのTIME15、16の話の概要になります。

さて、本作で登場するカレー屋ですが、なんと実在します!

 

神保町本店を構える「ボンディ」というカレー屋さんで青山剛昌先生お気に入りのお店です。

しかもこちらのお店は以前からカレーが美味しいことで大変有名で、いつもランチやディナータイムになると長蛇の列ができてしまいます。

 

実際に「ボンディ」を訪ねましたのでご紹介します。

 

ゼロの日常のカレー屋の聖地巡礼レポート

ゼロの日常でカレーを見てからの一週間はずっとボンディに行きたい、と言いながらランチにカレーを食べ続けた筆者はその週末、ボンディに向かいました。

(通算6日連続のカレーでした)

 

神保町に降り立ったのは土日の18時40分頃。

聖地巡礼することにテンションを上げつつ、ボンディ本店に向かいます。

 

ボンディ本店の入り口は、ビルの裏側で正面入口の階段は2階の書店につながっています。

入り口は少しわかりにくいです。

 

流石にディナータイムとあってすでに長蛇の列ができていました!

しかしそれでもマシな方で、19時半ごろになると列はビルを飛び出しています。

 

列に並んでいる間に注文を聞かれますので注文します。

作中に登場したチキンカレーやビーフカレーのほか、魚介やチーズカレーまで!

 

どれも美味しそう!!

・・・しかし、ここは降谷さんを愛するものとして同じものを頼みました!!

 

 

出てきたカレーは本当に美味しそうなおしゃれで美味しそうなカレー!

 

お腹が鳴ります。

また、一緒に出てきたじゃがいももあつあつで、このまま食べても絶対に美味しそうです。

 

降谷さんと同じようにカレーを掛け、いただきます!

 

一口目、ややマイルドな印象ながらスパイスの香りと刺激、そしてうまみで脳みそがしびれました。

これは本当に美味しい!

 

降谷さんに習ってじゃがいもも入れ、さらにらっきょうもトッピング。

 

筆者は実はらっきょうはどうしても苦手な食べ物のひとつなのですが、ここのらっきょうは美味しく、またカレーに変化をつけられ、食べててとても楽しいのです!

(余談ですが、セロリも嫌いでしたが降谷さんの力で克服しました)

 

食べ進めているうちにやはりだんだん水が欲しくなるのですが、今回はぐっと我慢しました。

降谷さんの指示通りですね(笑)

(この後に飲んだ冷えたお水は美味しかったです)

 

じゃがいもが一皿に付き2つついてくるため、かなりお腹いっぱいになりますが完食、至福でした。

 

また、最近のカレー屋さんには珍しい干しぶどうもこちらのお店にはおいてあります。

らっきょうだけでなく福神漬や干しぶどうをトッピングしても美味しいです。

 

しかし降谷さんの言う通り、らっきょうや干しぶどうなど、甘みと酸味が少しあるもののほうが、こちらのカレーには合う印象でした。

 

最後に、16話の最後でデザートも美味しそうだな、と降谷さんが話しているシーンがあります。

その、「美味しそう」といわせしめたデザートメニューの一つ、焼きリンゴを頼んでみました。

 

 

こちらは甘すぎず、さっぱりとした味でとても美味しかったです。

カレーの口直しにはまさに最適でしたね。

 

まとめ

今回は、ゼロの日常に出てきたカレーのモデルとなったお店の聖地巡礼を行いました。

こちらのお店のカレーは本当に美味しく、ファンが多いのも納得する程でした。

 

正直、聖地であろうとなかろうと、人生のうちで一度は食べておきたいカレー、という印象でした。

降谷さんがここのカレーがお気に入りなのも納得です!

 

もし近くに立ち寄りの際にはボンディを訪ねてみてください。

一番混雑する時間帯を避けると待ち時間も少なく比較的すんなり入れるのでおすすめです。

 

ぜひ皆さんも一度、お店を訪ねて見てくださいね、絶品のカレーを味わうことができますよ!

 

コナン関連記事

➡ コナンの最終回の都市伝説を考察!新一の夢オチやコナンが泣くとの噂も!

➡ 安室透出演のゼロの執行人のDVDのネタバレ感想と考察は?特典とグッズまとめ

➡ 安室透の香水はどんな香り?どこで買えるのか、価格も含めて徹底サーチ!

➡ 安室透の車の種類と実際の価格は?運転技術はどのくらいすごい?

➡ 安室透のゼロの執行人の伏線ネタバレと感想や考察完全解説!【コナン映画】

➡ 安室透のアニメ・漫画の初登場回と今まで出演した巻はどれ?名台詞まとめ

➡ 赤井秀一と安室透の関係は?今後は和解して仲直りするのかネタバレ考察