貞子・リングシリーズで一番怖いのは一体どの作品か・・・アンケートを取ってみました。

 

今回アンケートを取ってみてわかったのですが、やはり多くの方にとって、リング・貞子シリーズで一番怖い作品は、たった一つしかありませんでした。

 

ランキング形式にしたので、詳しく見ていきます!

 

貞子・リングシリーズで一番怖いのはどれ?

貞子・リングシリーズで一番怖いのはどれだと思いますか?

おそらくあなたにはあなたなりの

 

リングシリーズ怖い作品ランキング

 

があると思います。

 

今回は、多くの方にアンケートを撮ってみましたので、実際にその結果を紹介していきます。

 

あなたのランキングが他の方と一緒なのかどうか・・・

照らし合わせながら見てもらえればと思います。

 

1位:口コミではリングが圧勝!

やはりというか、圧倒的なまでの1位は初代リングでした!

このような声がありましたね。

 

あきら

ビデオを観るという日常生活の中で子供から大人までごく当たり前に行う普通の行動によって本人の知らない間に呪いがかかってしまうところです

更に呪いは無差別にビデオを観たものにかかるため本人はまったく気づかぬ内に呪いがかかりテレビから貞子が登場し死に至ってしまう

呪いがかかったものはどうしたら呪いを解くことが出来のかも分からずただただ死を待たなければいけないという不条理な恐怖感がとても恐ろしいと思いました

更に呪いを解く方法もダビングして誰かに観せなければいけないという自分が助かるには誰かを犠牲にしなければいけないといった究極の選択をしなければいけないというところにもとても恐怖を感じました

あき

一番シンプルで裏設定の有無などを匂わせずにシンプルにじわじわと精神的に視聴者を追い詰めるような描写がシリーズの中で一番強いと感じました

他のシリーズはくるぞくるぞ予想を裏切らないのである程度心の準備ができてしまいます

初代リングに呪いのビデオテープがキーアイテムとして出てきますがビデオテープってDVDなどのデータディスクと違い映像が記録されていない部分が砂嵐としてみえる余白部分が存在しているので自分の家にあるビデオは大丈夫だろうか無事だろうか気になりだしたらちょっとぞくっとします

そのような心境にさせられたのも理由の一つです

ビデオテープの余白真っ暗な井戸の中の空間映画の中で音楽を使われていない部分のシンとした空気感など何もない空間や埋められていない余白があることの不安や恐ろしさ植え付けることのできる作品なんだなと思いました

ゆうき

全体的な薄暗い囲気とやはり終盤の貞子の目のアップそれと貞子の被害者達の目を見開いた死に顔が怖くて印象的でした

このジメジメした嫌な空気感は邦画ホラーならではです

ビデオをみた人を写真で写すとその顔が歪むなどは良くある演出ですが歪み方が本当に気持ち悪く嫌なものを見た気分なりました

後にリメイクされたハリウッド版リングはかなり日本版に忠実に作られていたのにこのジメジメした雰囲気が軽減していて怖さが半減してました

直接的に怖い映像はラストまでないのですが貞子に殺された人達の死に顔が強烈で場を引き締めるアクセントになっていたと思います

またこんな顔で死ぬなんてどれだけ怖いものが出てくるのかと映画を見ながら想像していました

当時はまだDVD自体が普及してなくてリングもレンタルビデオで見たのですが何だかそのビデオが呪われてそうで終わった後にさわるのが嫌でした

リングのビデオ見てしまったので家にあるテレビにいきなり井戸が写ったらどうしようとある訳がないのにしばらく嫌な気分で過ごしました

りえ

貞子公開されTVで初めて見た当時は子供だったのでかなり怖かったです

まずビデオテープを見ると呪われ死ぬという凄く手軽で身近な方法が物語に没入しやすく物語の登場人物が最初は疑っていたのに現実に起きていく様を見て本気で怖がる姿が徐々にてる側も怖さが増しました

何より呪いのテープ自体の映像も切り張りした意味深な映像が不気味で当時はこれを見ると呪われるのでは少し目を背けてしまうほど物語に入り込んでしまっていたのを覚えています

さらに物語後半ではテープを子供が見てしまい同じ子供からすると不安と恐怖をより近くに感じたのを覚えています

寝る時も怖かったです

当時は大ブームで貞子関連のネタが流行っていましたので友達と遊ぶ時も貞子の怖いエピソードで盛り上がりました

こう

たった一本のビデオテープが次々と人々を殺していく

そしてそのオチが流行った呪いの手紙形式でどんどんと人々を呪い死に追いやっていくという一見シンプルなストーリー程怖いモノはないのではないでしょうか

この一作程その肝心な部分が良く出ていると思います

人間のもし自分に呪いが降りかかって来たらどうしよう…」というその不安な気持ち自分だけは助かりたいという自分勝手な行動が引き起こす死の連鎖

一見貞子がこの映画の一番怖いモノに見えますが本当に怖いのは生きている人間です

リングシリーズ貞子シリーズは何本か観ていますが何か余計なモノばかりを継ぎ足した様なストーリー

貞子がリングから飛び出して独り歩きしてしまっているだけの他の作品は好きになれません

あきら

当時はどこの家庭でもあったビデオテープが感染の原因となるのがリアルで怖かったです

実際自宅に何のビデオか分からないビデオテープもあったしレンタルビデオ屋のホラーコーナーに行って古めのビデオテープを見かけるとよくリングを思い出して涼しい思いをしました

今じゃビデオテープなんてないし見ないけどアナログな映像が今となっても怖いです

自身子供の頃に生まれて初めて見たホラー映画ということもあり非常に印象深く記憶に残っていますし今でもたまに見たくなります完全に幽霊=貞子でした

リングシリーズは2やゼロハリウッド版も全て観ましたがやはり一番最初のリングが一番怖いし面白いです

あき

私がこの作品を怖いと思った理由は貞子の存在と呪いのビデオの映像のインパクトです

今では貞子は有名になりすぎて逆に映画のパロディにされたりちょっとしたネタのような扱いにされることもあるのですがリングが上映されたときは初めて見る貞子の衝撃にみんなが恐怖していたことを覚えています

アメリカのホラー映画とは違い殺人鬼やモンスターが襲ってくるわけではなく髪の長い不気味な女が近づいてきて超能力で殺されるという部分でも異質なものだと思います

さらに呪いのビデオは人から人へつたっていきどんどん呪い殺されていく人が増えていくので子供のころの私は自分のところにも呪いのビデオが回ってくるんじゃないかととても心配でした

ゆうき

私がリングシリーズで一番怖いと思った作品はリングです

この映画はリングシリーズで原点となる1作品目となる映画ですが当時の貞子が呪いのビデオテープを介してテレビの中から出てくるのはかなりのインパクトがあり物凄い恐怖が押し寄せたホラー映画界でも伝説的なシーンだと思います

現在では外国で映画リングリバースという作品では貞子がテレビから出てくるのならそのテレビをひっくり返せばいいのではという長年の考察がありましたが貞子はあくまでも怨霊で自身で生成したリングウイルスビデオを見てウイルスに感染した出没しているので実際のシーンでもひっくり返したテレビからでも貞子は這いずり出て来ているので貞子は世界恐の怨霊で霊だと思います

りえ

貞子シリーズの一番最初のもので呪いで死ぬという題材に衝撃を受けたのを覚えています

呪いのビデオテープを見ると一週間後に死んでしまうという設定が当時VHS全盛だった時代にはビデオを見るのが怖くなるほどでした

何度も見たために映像が悪い感じなどが今のDVDでは表せない感じでより恐怖を煽られました

見てしまったビデオを他の誰かに見せると助かるということが分かり自分の子供を助けるために自分の父親にビデオを見せに行くところで終わっていくのですがどうすることもできない決断が苦しくこれが呪いなのかと感じるような終わり方でした

また呪いを止めることができないこれが呪いの始まりなのかと思う映画で終わった後も怖かったです

こう

リングシリーズの原初であるリング

その映像を見ると一週間後に死ぬだけではホラー映画としては弱いですが見た人は一週間以内にそのビデオをダビングしたものを他の人に見せると助かるという一種の救済措置を明確に提示したところが新鮮でした

しかし救済措置に見せかけてそれを行うことにより最終的には誰も助からないという連鎖を完成させるところに震撼しました

また当時VHSという身近なアイテムダビングするという身近な動作で呪いにより死んでしまうという事自体も衝撃を受けました

このリングを皮切りに現在まで多数シリーズが出ていますが私としては生活に身近なものから恐怖が感染するというものが衝撃的で当時の私にとって一番の恐怖で今でも何度も見る作品となりました

 

多くの方に恐怖と衝撃を与えたリング。

やはり、その恐怖は今もなお色濃く残っているようですね。

 

実際私も、このリング1とでも言うべき最初のリングが、何よりも印象に残っていますし、今でも怖かった思い出しか浮かんできませんね…

 

2位:リング0 バースデイ

2位は、リング0・バースデイです。

リング0を一番怖かったとする方たちの中には、このような声がありました。

 

あき

この作品はそれまで謎に包まれていた貞子の切なくも悲しい青春時代が展開されていて貞子は貞子なりに自分の人生を生きようとするのですが出生や生い立ち身の回りの環境がそれを許してくれずどう転んでも悲しい結末しか待っていない所に恐怖を感じました

また劇中の効果音や貞子の所属している劇団員達が貞子にまつわる恐怖に取り憑かれている様にもゾッとしました

また所々に出てくるもう一人の貞子のあの独特の怖さときたら一度見たらなかなか忘れられません映画館でもこの作品を観たのですが一週間ぐらい頭から離れませんでした

ラストの貞子が生きたまま井戸に閉じ込められるシーンも妙に頭に焼き付いて離れません

正体不明の貞子の実の父親の存在にも恐怖しました

ゆうき

映画のクライマックスで出てくる、髪の毛がバサッとなった貞子が身体をバッキバッキに鳴らしながら迫って来るシーンはほとんどの人がビビると思います。

昔観た映画館でも悲鳴をあげている人がいました。

りえ

もうひとりの貞子の恐怖などもあるのですが・・・貞子の実の父親の人間としての狂気が、ある意味怨霊・貞子以上に怖いという印象があります。

結局、一番怖いのは人の闇なのかな・・・とか、貞子とあまり関係ないのかもですが、思った記憶があり、今でも忘れられません。

 

リング0は、リングの始まりとも言うべき、貞子の起源を映し出した映画です。

 

たしかにこの映画もまた、かなりの恐怖がありましたよね。

 

貞子がどのようにして生まれたのか、なぜ彼女が怨霊になったのか・・・

彼女は、どんな女性だったのか。

 

知れば知るほどに、悲しく、そして背筋が凍るような恐怖を感じました。

 

3位:意外にも貞子vs伽椰子

3位は、ちょっと意外だったのですが、貞子vs伽椰子がランクインです。

 

あきら

倉橋有里山本美月リサイクルショップで中古のビデオデッキを購入することになったビデオテープが入っており面白半分でビデオを再生してみることに倉橋有里山本美月

しかしスマートフォンをいじっていたため内容を観ることはなく親友の上野夏美佐津川愛美だけがビデオを観てしまいます

見たら2日後に必ず死ぬ呪いのビデオその後霊能者常盤経蔵役 安藤政信紹介してもらう

上野夏美の呪いを解くために霊能者が力尽きてしまう

貞子の呪いが夏美を即座に呪い殺してしまう佐伯家の近くあった井戸を最後の手段に利用する

経蔵の作戦計画どおり倉橋有里と高木鈴花玉城ティナ佐伯家にビデオデッキを持ち込みで呪いのビデオを再生します

作戦計画は失敗し貞子と伽椰子は消滅しあうことなく争っていることを知った経蔵は最終手段として井戸を使うことを決意し井戸に入って貞子と伽椰子を誘導して二つの怨霊が井戸に入ったところで井戸を閉め封印をやったのですが貞子と伽椰子は封印をも破り井戸から地上へといく

貞子・伽椰子、日本の2大音量が出ただけでインパクトが強く、怖い印象が残っていました。

ただ、完全決着なし終わったところに、少しの肩透かしも感じたかな(汗)

 

少数派の意見でしたね。

この方も、映画のレビューをしているようで、怖かった・・・というより、印象に一番残っているリングシリーズ、といった感じではありましたね(^_^;)

 

まあ、確かに貞子と伽椰子が戦うという斬新な設定は、インパクトという意味では何よりも強いと言えますね(笑)

 

1票も入らない貞子3D

そして、一票も入らなかった映画がこちら!

 

貞子3D

 

です(笑)

まあ、貞子3Dは、ホラー映画というより、ギャグ映画に近い感じでしたから仕方ないのかも知れませんが(^_^;)

 

個人的には、石原さとみの鉄パイプ無双 + アパッチのおたけびが大好きです(笑)

 

関連記事

⇒ 新作貞子2019は怖いけど貞子3Dは怖くない?ギャグと言われる理由も

 

まとめ

今回は、貞子・リングシリーズで一番怖い作品はどれかという解説を行いました。

やはり最も怖い映画となると、貞子1択でしたね!

 

まあ実際、リングシリーズ、というよりジャパニーズ・ホラー映画全体で見ても、リング以上に怖い映画は早々見つかるものではありません。

 

今回制作された貞子2019は、まさに原点回帰、本当に怖い貞子を目指して作られたものとなっています。

久しぶりの本気で怖い貞子に、期待しましょう!

 

貞子関連記事

➡ リングの映画を高画質で無料視聴する方法!パンドラやデイリーモーションは危険?

➡ 池田エライザの演技力を考察!新作貞子や賭ケグルイ2で上手との声が?

➡ 貞子2019ネタバレあらすじと感想!新作貞子映画は怖くない?

➡ 貞子がかわいい・美人すぎると話題!可愛いツイッター画像などまとめてみた

➡ 貞子の目のまつげがなくて怖い!誰がアップを演じたのかについても解説!

➡ 貞子2019と原作小説「タイド」の違いを考察!小説既読でも楽しめる?

➡ 貞子の弱点や対策を考察!撃退・対処法、助かるための方法を徹底調査!