ノーサイドゲームラグビーチームや選手のモデルを考察していきます。 実は、ドラマノーサイドゲームの舞台となるラグビーチームとその母体となっている企業には、モデルが存在しています。 しかも誰しもが知っている超大手企業! &n […]

ノーサイドゲームラグビーチームや選手のモデルを考察していきます。

実は、ドラマノーサイドゲームの舞台となるラグビーチームとその母体となっている企業には、モデルが存在しています。

しかも誰しもが知っている超大手企業!

 

どんな企業での、どのチームがモデルになっているのか調べてみました(^^)

 

記事は下に続きます。

ノーサイドゲームラグビーチームのモデルを考察!

ラグビーをテーマに描かれている2019年夏ドラマ、「ノーサイドゲーム」

 

主人公君嶋が左遷された府中工場で、ゼネラルマネージャーを務めることとなったラグビーチーム「トキワ自動車アストロズ」は、強豪チームだったものの今では巨額の赤字を抱える会社のお荷物チームに…。

 

2019年ラグビーワールドカップの日本開催を目前に控え、注目度の高いノーサイドゲームを、ラグビーの視点から詳しく見ていきましょう。

 

今回はノーサイドゲームのモデルとなっている企業と、アストロズのモデルとなったラグビーチームについて考察していきます。

また、実在する選手もモデルとなっているので、そちらもご紹介していきます。

 

モデル企業はトヨタ自動車が濃厚!

トキワ自動車アストロズのモデルとなっている企業はどこなのか…。

 

主人公の君嶋が務めるのはトキワ自動車という自動車メーカーですから、社会人ラグビーチームを候補に上げました。

すると、

 

  • トヨタ自動車ヴェルブリッツ
  • ホンダヒート
  • 日野レッドドルフィンズ

 

この3チームが該当しました。

この3つのチームの中から、モデルとなった企業はズバリ!

 

「トヨタ自動車ヴェルブリッツ」

 

が濃厚であると考えました。

 

根拠は、トヨタ自動車ヴェルブリッツ❞と❝トキワ自動車アストロズ❞というチーム名がとても似ていることです。

さらに、トヨタ自動車ヴェルブリッツは優勝回数が最も多のです。

 

さらにさらに、トキワ自動車とトヨタ自動車のロゴも似ていました。

 

モデルに寄せているとなれば、トヨタ自動車ヴェルブリッツの可能性が高いと考えました。

モデルとなったラグビーチームは?

では、モデルとなったラグビーチームはどこなのか?

 

君嶋が左遷されたのは、府中工場でした。

なので、同じ府中市を拠点としているチームに絞ってみます。

 

  • サントリーサンゴリアス
  • 東芝ブレイブルーパス

 

この2つのチームが該当しました。

 

アストロズのモデルとなっているチームは、「東芝ブレイブルーパス」である可能性が高いと考えました。

 

同じ府中市を拠点にしていることはもちろんのこと、東芝ブレイブルーパスは過去に多くの優勝成績を持っています。

ですが、近年成績不振が続いており低迷とまではいかないものの、優勝が遠ざかっているのが現状です。

 

これは、アストロズの近況によく似ていると考えました。

拠点も近況もよく似ていることから、東芝ブレイブルーパスがモデルとなっている可能性が高いです。

 

実在した選手もモデルにしている!?

社会人ラグビーを題材にしていることから、多くのラグビー選手が登場するノーサイドゲーム。

 

数いる選手なのかに、モデルとなった実在する選手が1人だけいるのです

 

ノーサイドゲームの原作を描いた池井戸潤は、大のラグビーファンで、お気に入りの選手がいました。

その人こそ今回のモデルとなった人物です。

 

それは、

 

ニュージーランド代表「ボーデン・バレッド」選手です。

 

ボーデン・バレッド選手がモデルとなっているのは、眞栄田郷敦演じる「七尾圭太」選手。

 

七尾圭太はニュージーランドからやってきた帰国子女という設定で、まさにモデルのボーデン・バレッド選手の代表チームと同じなんです。

 

池井戸潤も、「ほかに実際のモデルがいる登場人物はいません。」と公言してることから、唯一のモデル選手でお気に入りなのだと分かりました。

 

実在する選手モデルはいないものの、実際のラグビー選手や、元日本代表選手も登場するので、そちらも見どころですよ。

 

モデルとなった東芝ブレイブルーパスを紹介します!

最後に、モデルとなったチーム「東芝ブレイブルーパス」についてご紹介します。

 

東芝ブレイブルーパスのブレイブルーパスは、「勇猛な狼」という意味を持っています。

 

1948年(昭和23年)に創設され、日本の社会人ラグビーのトップ「ジャパンラグビートップリーグ」に出場するほどの、実力のあるチーム。

 

日本選手権で6回トップリーグで5回の優勝経験があり、

 

トップリーグでは、2003年から参戦し初年度でリーグ2位という爪痕を残し、2004年からはリーグ1位かつプレーオフも制するという完全優勝三連覇を果たしました。

 

2008年に再度完全優勝、2009年にリーグ3位という成績を残したのを最後に、アストロズのような成績不振が続いています

 

日本代表クラスの選手が多く在籍するチームで、2015年のラグビーワールドカップで日本代表のリーチ・マイケル選手や、日本代表登録メンバーの三上正貴選手、代表歴代最多の98キャップを誇る大野均選手も在籍しています。

 

アストロズのように、今後の活躍に期待しましょう。

 

まとめ

ラグビーが題材となっている、ノーサイドゲーム。

 

ノーサイドゲームに登場するアストロズの、モデル企業やチーム、モデル選手を考察・紹介してきました。

 

モデル企業は、名前もロゴも似ていて優勝回数の多い「トヨタ自動車ヴェルブリッツ」。

モデルチームは、拠点の府中市にあり成績不振が続く「東芝ブレイブルーパス」。

 

この可能性が高いと考えました。

 

実在する選手として、「ボーデン・バレッド選手」がモデルとなっている七尾圭太にも注目です。

 

池井戸潤のラグビーに対する熱い思いが描かれたノーサイドゲーム、2019年ラグビーワールドカップを目前に控え、面白いこと間違いなしです。

 

ノーサイドゲーム関連記事

➡ ノーサイドゲーム1話~最新話の無料見逃し動画視聴方法!pandorapandoraで再放送は見れる?

➡ ノーサイドゲーム君嶋の人事異動の理由を考察!左遷させた黒幕は誰?

➡ ノーサイドゲーム出演の芸人を紹介!コージや藤原光博の役柄は?

➡ ノーサイドゲームは主題歌や挿入歌もない?曲を陸王から考察してみた

➡ ノーサイドゲーム最終回のネタバレ考察!ラストはアストロズが優勝する結末か