鬼滅の刃炭治郎の痣について考察していきます。

 

鬼滅の刃の主人公竈門炭治郎には額に痣があります。

実はこの痣こそが、今後のストーリー展開を大きく左右すると言われているほど、重要なものとされています。

 

今回は、鬼滅の刃最大の謎の一つ、痣について考察していきます。

 

鬼滅の刃炭治郎の痣を考察

早速、炭治郎の痣について考察していきますが、まずはその【痣】そのものについて見ていきますね。

 

そもそも痣って何?

この痣ですが、こちらは今現在、鬼殺隊の中でも

 

  • 竈門炭治郎
  • 霞柱・時任無一郎
  • 恋柱・甘露寺蜜璃

 

の3名しか確認が取れていない特殊なものです。

実はこの痣は、歴代鬼殺隊の中でも最強と謳われている「始まりの呼吸の剣士」全員にも発現していたのです。

 

そして、当主代理を務めている産屋敷あまねの口からも

 

「鬼たちを殲滅するために、無くてはならない重要な要素」

 

といった旨が語られるなど、かなり重要な能力・要素であることは間違いありません。

ただ、その伝承もほとんどが途切れてしまっており、今では発現方法も、詳細な能力もわかっていない状態なのです。

 

炭治郎の痣は何を意味するのか

炭治郎の痣は何を意味しているのかを考察します。

 

炭治郎の痣は、普段はそれほど濃くはありません。

ですが、途中から覚えた炭治郎の新しい技・ヒノカミ神楽を用いるときのみ、濃く現れるのです。

 

この痣は、実は日の呼吸を使っていた使い手にも同じように浮き出ていたため、炭治郎も日の呼吸の使い手では?と思われたのですが・・・

本人はそのことを意識していません。

 

というのも、実はこの炭治郎の痣、元々会ったものではなく、弟を火鉢から守ろうとした際についたものだったのです。

更に鬼殺隊に入るための選抜試験で傷を負い、現在の痣の形へとなっていったのです。

 

確かにこれなら意味はなさそうですが、それならヒノカミ神楽(=おそらく日の呼吸の技)の際に反応することはないはず。

始まりこそ偶然によって得た傷でしたが、そのまま痣として出現し、力を貸しているということになりますね。

 

ただ、ヒノカミ神楽を使うなどして痣は濃くなっていく。

つまり、日の呼吸の使い手も、痣は徐々に変化していったのではないでしょうか。

 

そう考えると、たとえ始めが偶然であったとしても、炭治郎の痣が日の呼吸と関係ないとは思えません。

やはり彼の痣は、変化していること・濃くなっていること、そして何よりヒノカミ神楽と反応していることで、炭治郎がやがて日の呼吸の使い手になることを示唆しているのかもしれませんね。

 

あるいは彼こそが、最強と謳われた始まりの呼吸の一つ、日の呼吸を継承する予兆とも言えそうです。

 

痣が出ている柱

ここで、痣が出ている柱を見てみます。

 

  • 霞柱・時任無一郎
  • 恋柱・甘露寺蜜璃

 

この二人です。

彼らは、炭治郎と同じく痣が発言した鬼殺隊の一員であり、最強の戦士である柱です。

 

無一郎が語った、痣が出る条件。

それは・・・

 

  • 心拍数200以上
  • 体温39℃以上

 

です。

これだけでもう、情神社絶対無理ではないかというものなのですが、私はコレにもう一つ条件があると考えています。

 

それは・・・

 

炭治郎との関わり

 

です。

炭治郎と深く関わり、また関係を築いた無一郎と甘露寺だからこそ、痣は発言できたのかなと思います。

 

炭治郎=痣が既に発現した始まりの呼吸の剣士と関わりを持つ。

これこそが、全員が字を持つために絶対必要な条件だったのではないでしょうか。

 

この理屈で行くと、最終決戦直前の柱たちとの訓練も納得ができます。

あまり炭治郎と関わりのなかった岩柱・悲鳴嶋のように、この訓練を通して炭治郎と関係を築いたものもいます。

 

また、全員が一定以上の時間を炭治郎と過ごすことにも繋がりました。

となると、一応柱も全員炭治郎と関わるという条件をクリア。

 

更に言えば、炭治郎と同世代であり、大切な仲間でもある

 

  • 我妻 善逸
  • 嘴平 伊之助
  • 不死川玄弥

 

彼らもまた、痣が発言する条件を満たしているのではないでしょうか。

後は始まりの呼吸を覚えられる才能や能力次第ですが、いずれ彼らも痣が現れ、柱と並ぶ最高戦力へと成長するのかもしれませんね。

 

痣がある鬼もいた?

上弦の一、つまり鬼最強の黒死牟には、なんと炭治郎と同じく痣が浮かんでいます。

また、その姿が酷似していることから、黒死牟こそが、日の呼吸の継承者だったのではないかとまで言われています。

 

ちなみに、呼吸の継承者・鬼殺隊が鬼になることなどあり得るのか?という質問の答は、「はい」です。

実際に、善逸の兄弟子でもあった獪岳は上弦の陸の鬼となり、善逸の前に立ちふさがりました。

 

そして、鬼になるのは、実力者であればあるほど時間がかかると言っていたことからも、既に前例がいたことは明らか。

となると、その前例とは他でもない、始まりの呼吸の一つ、日の呼吸の継承者だったのではと推測できるわけです。

 

雷の呼吸を、全てマスターできず、また柱にもなっていなかった人物が上弦の陸の鬼です。

最強の呼吸とまで言われた始まりの呼吸をマスターしていた男が鬼になったのなら・・・あるいは、無惨を超えるほどの力を持つ鬼に進化しているのかも、しれませんね。

 

炭治郎が日の呼吸を継承するフラグ?

炭治郎のヒノカミ神楽は、現時点では完成はしていません。

色々理由はありますが、一番はやはり見たことがないからだと思います。

 

となると、日の呼吸継承者予想の黒死牟と戦う時、確実に彼は日の呼吸の剣技を使います。

そこで初めて剣を合わせ、肌で日の呼吸を、ヒノカミ神楽を感じ、遂にマスターするという流れではないでしょうか。

 

つまり、黒死牟は、最強の敵であり、また炭治郎を最強へと導く最強の先生として現れるのではと考えています。

 

まとめ

今回は、鬼滅の刃炭治郎の痣について考察していきました。

やはり彼の痣は、始まりの呼吸と何らかの関連を持っていると考えて間違いはないですね。

 

今後、この痣がどのような関係を持ってくるのか。

他の仲間は痣を発現するのか・・・まだまだ、目が離せません!

 

アニメ関連記事

➡ 鬼滅の刃アニメは2クール以上が確定?放送は原作何巻までされるのかも考察

➡ フルーツバスケット夾の本当の姿と呪いを考察!何話で出てくるの?

➡ 崖の上のポニョの都市伝説が怖い!津波や赤ちゃん、トンネルに秘められた裏設定を考察

➡ ワンピースゾロの強さを考察!底が見えない強すぎる現在は覇王色の覇気も使える?

➡ ムーミンのニョロニョロの怖い正体を考察!名前に隠された都市伝説とは?

➡ トランスフォーマーバンブルビーの強さや能力を考察!弱いという声も?

➡ 鬼滅の刃無惨様が癇癪を起こし小物すぎると話題!マイケルと言われる理由とは?