ケイネスエルメロイアーチボルトの強さや魔術を考察していきます。   「Fate/ZERO」で出てきたケイネスエルメロイアーチボルト。 今回、「ロードエルメロイⅡ世の事件簿」としてアニメ化されることになりました。 […]

ケイネスエルメロイアーチボルトの強さや魔術を考察していきます。

 

「Fate/ERO」で出てきたケイネスエルメロイアーチボルト。

今回、「ロードエルメロイⅡ世の事件簿」としてアニメ化されることになりました。

 

彼は一体どういった人物なのか・・・

その強さに焦点を当てて、詳しく見ていきます。

 

記事は下に続きます。

ケイネス・エルメロイ・アーチボルトの強さとは

ケイネスエルメロイアーチボルトの強さについて考察していきます。

 

彼は、珍しい属性(ノウブル)である「風」と「水」の2属性の魔術を操ります。

 

時計塔で講師を務めていて、降霊術以外にも召喚術、錬金術についても得意です。

数多くの術を使える辺り、かなりの強さであることは分かりますね。

 

ケイネス自身の魔量をこめた水銀「月霊髄液(ヴォールメン・ハイドラグラム)は、硬さや重さを自由に変えられて武器にも防具にもなる便利な液体。

 

武器としても強力であることはもちろん、オート防御・オート索敵といった自動でプログラミングされた機能を発揮するなど、利便性も非常に高い能力となっています。

 

これらの魔術礼装は、ケイネスの趣味の1つでもあります。

サーヴァントすら、ケイネス・エルメロイ・アーチボルトにとっては、数ある礼装の1つという認識でしかないのです。

 

ケイネス・エルメロイの魔術を紹介

と、ここまでケイネス・エルメロイの強さを語ってきました。

しかし、実は器用にも2つの魔術を使いこなす彼は、純粋な魔術師としてはレベルが低いです。

 

魔術回路の質・量ともに貧弱であり、魔術刻印もないに等しいです。

基礎体力や腕力すらあまりなく、戦闘時は弟子たちに頼り切っていて自分自身も「弱い」と開き直っています。

 

「祭位」という特集な称号を持っているのですが、これはあくまで時計塔の講師として評価によるもので、魔術師としては「開位」の下位レベルのようです。

 

 

そんな彼の唯一にして随一の武器が、時計塔のロードすら瞠目する魔術知識と考察力です。

 

普通過ぎる自分の力を補うため、根源に対するひたむきな探求心により磨かれたこの知識は、他人の魔術原理や構造・属性をたちまち見抜き例外なく暴きます。

 

 

神秘をなにより重要視する魔術師にとって、それらはまさに「蹂躙」・「侮辱」に等しい行為!

 

ケイネス自身もこの癖を悪癖と自覚しており、必要に迫られた場合以外ではなるべく口を挟まないようにはしています。

 

 

彼の戦闘においての立ち位置は、敵の魔術原理を味方に伝え、的確な指示をだす、参謀タイプです。

こう書くと弱そうに思えてしまいますが、

 

  • 指示が出せて
  • 戦略が作れて
  • 魔術を明かされ
  • 自身も最低限の防御・攻撃ができる

 

こんな司令塔がいるだけで、はっきり言って戦闘においては最強最悪の相手と言えるほど強いですよね(^_^;)

 

これらの特性から、様々な魔術師から殺意や恨みを抱かれることが多く、逆に物好きな奇人変人たちに好かれてしまいます。

 

かわいそうと言われる理由とは?

ケイネスの役割は、主に衛宮切嗣の外道行為の伏線回避です。

 

爆破や誘拐など{Fate/stay Night}で語られる、切嗣が行ってきた数々の外道行為を一身に受けています。

 

「stay Night」ですでに言峰に殺されることが決まっている時臣と同じく、彼もまた脚本の被害者でもあったのです。

 

魔術師としてのプライドの高さゆえに、近代兵器等を迷いなく使うという切嗣の魔術師としての誇りのかけらも持たない戦法に、いつも翻弄されてしまいます。

 

普通、魔術師は科学を見下す傾向があり、仮に彼が追わされた手傷が魔術によるものならば、寧ろ相手を褒めたたえて冷静になったといえますが、まあ、切嗣の戦略が・・・(;・∀・)

 

 

また、ケイネスはサーヴァントとの関係構築にも失敗しています。

 

そもそも大四次成敗戦争においてケイネスが本来召喚しようとしていたのはライダーでしたが、教え子(ウェイバー・ベルベット)に聖資物を盗まれたことで断念せざるを得なくなり、ライダーに代わって、召喚されたのはランサーでした。

 

そしてこのランサーが持つ呪いによって、ソラウが魅了されたことにより彼の運命は徐々に狂い始めます。

 

 

まとめ

今回は、ケイネスエルメロイアーチボルトの強さや彼の操る魔術について見ていきました。

 

  • 風と水の魔術を操る
  • 降霊術
  • 召喚術
  • 錬金術

 

と、様々な分野において力を発揮するケイネスですが、残念ながら彼自身の魔術師としての強さはそこまで高くはありません。

 

しかし、その知恵と戦略で味方を勝利に導く、まさに軍師とでも言うべき能力は、指揮官としてのケイネス・エルメロイ・アーチボルトの強さの高さを物語っているものでもあります。

 

 

魔術師としては弱いと言えども、オートで防御してくれる水銀がある以上、不意打ちなどでやられる心配もないため、防御に徹すればそうは負けません。

そして、仲間であるグレイたちに戦いを任せる・・・

 

個人としては弱いですが、Fate関連の中でも随一の戦闘力を持っている人物とも言えますね。

 

弱いけど強い、そんな不思議な魅力を持ったケイネス・エルメロイ・アーチボルト。

彼の活躍を、是非是非「ロード・エルメロイⅡ世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note」にて楽しんでもらえればと思います!

 

ロード・エルメロイ2世の事件簿関連記事

➡ ロード・エルメロイⅡ世の正体や年齢、能力を考察!遠坂凛との関係は師弟?

➡ ロードエルメロイ2世の事件簿アニメ1話~最新話見逃し動画フル視聴方法!

➡ ロードエルメロイ二世の事件簿グレイの正体を考察!その顔や声優を考察!

➡ フラットエスカルドスの正体や根源接続について考察!年齢や声優も確認