コンビニが、消費税10%導入で一気に客離れが加速するのではないかと噂されています。   消費税10%・・・今よりも更に2%増えてしまうことで、様々な問題が浮上することが予想されます。 しかし、その中でも今最も話 […]

コンビニが、消費税10%導入で一気に客離れが加速するのではないかと噂されています。

 

消費税10%・・・今よりも更に2%増えてしまうことで、様々な問題が浮上することが予想されます。

しかし、その中でも今最も話題になっているのが、私達の身近にあり、生活の一部とすら言えているお店・・・

 

コンビニ

 

です。

コンビニイートインに消費税10%がもたらす影響を詳しく見ていきます。

 

記事は下に続きます。

コンビニイートインにも軽減税率が押し寄せる

コンビニ内にある、店内飲食スペース【イートイン】

購入した商品をその場で食べれるとあって、若い世代やサラリーマンの方を中心に愛用しています。

 

かなり定着してきたこのイートインですが、今コンビニ崩壊の引き金になるのではないかと言われています。

その理由は、消費税10%と軽減税率です。

 

家での食事を推進する意図もあり、店内で飲食をするのではなく、家に持ち帰って食事をすることで、お酒を除く全ての飲食品は8%、つまり現在の消費税で購入可能となる。

これが、軽減税率です。

 

しかしその一方で、店内で飲食することで外食とみなされるため、この場合は10%の消費税が取られます。

厄介なのが、この違いです。

 

購入した後の行動を見るまでは、イートインで飲食するのか、家に持ち帰るのかはわかりません。

つまり、イートインを設置しているコンビニ側は、全てのお客に対して、どちらなのかを尋ねる必要があります。

 

当然、そんなことを一人ひとりのお客に確認していては、時間がかかってしまいますよね。

手軽に買い物が済ませられるから便利なコンビニです。

 

レジが確認作業のため渋滞し、買い物に時間がかかるコンビニなら・・・あなたは使用したいとは、思わないのではないでしょうか?

少なくとも私は、遠慮したいですね。

 

特に、一番コンビニを使用したい時間帯であるお昼時。

この時間帯はまさに大混雑が予想されます。

 

「イートインをご使用になりますか?お持ち帰りでしょうか?

・・・お持ち帰りですね?それでは、消費税10%で、550円のお買い上げとなります!」

 

こんなことをひとりひとりのお客さんに尋ね、更に言えばイートイン宣言したお客さんが本当にお店で食べるのかを見ておく必要も出てきます。

これでは、レジ作業が滞り、渋滞するのも無理はありません。

 

更に言えば、今までイートインを使っていた人のいくらかは

 

「あ、席空いているし、食べていこうかな!」

 

程度の軽い気持ちであったはずです。

しかし、そういう方たちも、イートイン使用で10%の税率を課せられるなら、使用することはなくなるでしょう。

 

イートインは、今やコンビニサービスの一部となりつつあります。

その主力サービス商品とも言うべきイートインが、軽減税率で潰されるかもしれない未来が、今、近づいているのです。

 

消費税10%はコンビニを潰すかもしれない

  • 手軽に買い物
  • 身近で便利

 

この2点が、コンビニのメリットです。

しかし、今その図式が崩されようとしています。

 

  • 手軽に買い物⇒レジとの軽減税率に関する毎回のやり取り
  • 身近で便利⇒ネット販売・宅食(家での食事は軽減税率対象)などによる訪問販売サービスの充実

 

このようになってしまえば、多くの消費者は、コンビニにはいかなくなることが予想されます。

レジで渋滞して待つのなら、それはもうスーパーで買い物することと何ら変わりません。

 

となれば、安く買えるスーパーに客が流れていくのは、自然な流れと言えるでしょう。

 

更に言えば、コンビニも導入しているお惣菜。

これも軽減税率対象となるわけですが、スーパーなどではこういった商品も充実しています。

 

つまり、スーパーで買い物することで、軽減税率の恩恵を受けられるというわけですね。

 

しかも今スーパーなどでは、キャッシュレス化の流れにより電子マネー購入が一気に加速しています。

セルフレジも増えているので、レジの混雑は最小限に収まるでしょう。

 

レジ数も多く、お惣菜以外は基本軽減税率非対称のスーパーなら、イートイン導入を行っているコンビニより、スムーズに買い物は可能です。

 

【近くて便利、手軽に買い物出来る】

 

消費税10%+軽減税率は、コンビニのイートインを潰すだけでなく、ついにはコンビニそのものを、潰してしまうのかもしれません。

 

社会保障費を補い、福祉向上のために行われる施策のはずの消費増税と軽減税率。

しかし、そのせいでコンビニユーザーが減り、コンビニが潰れれば路頭に迷う人も出るでしょう。

 

更に、コンビニがなくなることで、不便を感じる人も増加します。

いっそ軽減税率がなければ、イートインに不便を感じることもなく、コンビニへのダメージも最小限だったのでしょうが・・・もはや後の祭り。

 

さて、消費増税と軽減税率は、コンビニを、そして日本という国を、どの方向に進ませてしまうのでしょうかね?

 

背筋がゾクリとする都市伝説

➡ ドラクエ都市伝説!テリーの正体はダークドレアムかエスターク説を考察!

➡ 仮面ライダーの怖い都市伝説や裏設定を考察!ヒロイン、出演者に呪いが!?

➡ スキー場にいけなくなる怖い実話!雪山で遭遇した恐怖の都市伝説とは?

➡ トイレットペーパーの都市伝説!意味がわかると怖すぎる話を考察

➡ siriの怖い質問と回答2019!最新の聞いてはいけない恐ろしいこと8つを考察!

➡ ルパン三世の都市伝説!素顔はイケメン、全ては銭形警部の夢だった?

➡ ワンピースのゾロの都市伝説!死亡説や片目を閉じているのは複線かを考察