アイアンマン俳優のギャラは、いったいいくらなのでしょうか?   今や世界的に人気の作品となっているマーベルシリーズの映画。 その中でも、一際目立っているものと言えば・・・そう、   アベンジャーズ & […]

アイアンマン俳優のギャラは、いったいいくらなのでしょうか?

 

今や世界的に人気の作品となっているマーベルシリーズの映画。

その中でも、一際目立っているものと言えば・・・そう、

 

アベンジャーズ

 

です。

今回は、そのアベンジャーズの中でも主役級の扱いであり、おそらく最も高額なギャラを手にしている人物・アイアンマン俳優のロバートダウニーJrのギャラについて見ていきます。

 

記事は下に続きます。

アイアンマン俳優のギャラはいくら?

早速、アイアンマン俳優のギャラの額について見ていきます。

 

  • アイアンマンシリーズ
  • アベンジャーズシリーズ
  • キャプテンアメリカ/シビル・ウォー
  • スパイダーマン ホームカミング

 

等、世界的に大ヒットした作品に出演しているだけ会って、彼が超高額なギャラを貰っていることは、言わずもがな分かることです。

しかしその一方で、彼がどのくらいの金額をもらっているのかについては、案外知られていません。

 

なんと彼は、

 

アイアンマン3で5000万ドル(50億円)

アベンジャーズで5000万ドル

 

という、桁の違う金額を手にしているのです!

実際それ以降も。マーベル映画を始め各種映画にて超高額なギャラをもらい続け、ハリウッドでも最も稼いでいる俳優の一人にランクインしているほどです。

 

ただ、彼がコレほどの金額をもらい過ぎかといいますと・・・少し違います。

ロバートダウニーJrの演技力を考えると、決して高い買い物とは言えないのです。

 

まず、アイアンマン3。

こちらは、全世界で爆発的ヒットを飾り、興行収入は12億5000万ドルにまで登っています。

 

更にアベンジャーズ。

こちらはなんと15億1900万ドルという、途方もない金額の興行収入を上げているのです!

 

これだけの人気も、支えているのはやはり俳優陣。

 

その中でも、アイアンマンは1.2を争う人気であり、同時にアベンジャーズのリーダー的なポジションでもあります。

・・・いや、問題児か(汗)

 

とにかく、アイアンマンがアベンジャーズに、そしてマーベル映画に欠かせない存在であることは言うまでもありませんし、更に言えばそれを演じるロバートダウニーJrも、マーベルにとって欠かすことの出来ない俳優というわけです。

 

5000万ドル・・・意外と、安い買い物だったのかも、しれませんね。

 

1分で1億円超え!?

更に、ロバートダウニーJrは、とんでもないギャラを貰っていることが明らかになりました。

大人気のままに公開終了した、マーベルが描く新たなスパイダーマン映画【スパイダーマン ホームカミング】では、アイアンマンことロバートダウニーJrは、約11分の出演をしました。

 

その際に彼が貰ったギャラはなんと・・・約1100万ドル!

日本円にすると、およそ11億円という金額を、たった11分の出演で手にしているのです。

 

確かに、今回の映画では、ピーター・パーカー=スパイダーマンにとって、トニー・スターク=アイアンマンは父であり、師であり、偉大な先輩ヒーローとして彼を導きます。

 

いつものトニー・スタークを感じさせつつも、ヒーローの先輩としてスパイダーマンを案じ、一人の大人としてピーターを見守るその姿は、彼にしか出せない魅力がありました。

また、アイアンマンの出演はサプライズ的な要素も強かったため、中にはアイアンマン見たさにスパイダーマンを見に行った方もいるほどです。

 

その結果、スパイダーマン ホームカミングは8億8000万ドルという、これまた1100万ドルが安く見えてしまうほどの収益を叩き出しました。

 

高額なギャラを貰う俳優には、やはりそれだけの理由というものが存在します。

 

アイアンマンという世界的に人気のキャラクターを完璧に演じるロバートダウニーJr。

彼なら、11分11億円・1分1億円越えのギャラにも納得です。

 

アイアンマンの給料はお手頃価格?

今回は、アイアンマン俳優のギャラについて見ていきました。

 

  • 1作品の出演で5000万ドル
  • 1分1億円越えのギャラ

 

このように書くと、たしかにとんでもない高額なギャラと言えますね。

しかし、それ以上の利益をマーベル側にもたらしているからこその高額給料であり、彼だからこそ、これだけのギャラを払っても、誰一人反対意見を述べる者はいないのです。

 

アイアンマン俳優・ロバートダウニーJr。

彼のギャラは超高額です。

 

しかし、それに見合う活躍があるからこそのギャラというわけです。

 

アイアンマンことトニー・スタークを演じるロバートダウニーJrは、アベンジャーズ/エンド・ゲームを最後に、マーベル映画からの引退を示唆しています。

この映画が、アイアンマンとしての彼を見る最後の作品となる可能性も高いです。

 

勿論、今回のギャラは作品の集大成というだけあって、過去最高に高いことは予想できます。

しかしそれ以上の収益を上げてくれることは間違いありません!

 

超高額なお手頃価格のギャラを貰う俳優・ロバートダウニーJrの、最後のアイアンマンとしての活躍を期待しましょう!

 

関連記事

➡ アベンジャーズ1日本語吹き替え動画の無料フル視聴方法!パンドラで再放送は見れる?

➡ アベンジャーズ4エンドゲームでロキ復活は確定?再登場の根拠を証拠画像で予測考察!

➡ キャプテンマーベルの弱点や弱さを考察!宇宙服なしでは数分しか生きれない?

➡ キャプテン・アメリカは歳を取らない?アベンジャーズ時系列での年齢も紹介!

➡ キャプテンマーベルとサノスはどっちが強い?強すぎる能力をソーと比較してみた