意味がわかると怖い話【脳梗塞】 本当に怖いのは、あなたもこの症状に陥っている可能性があること、かもしれませんね・・・   記事は下に続きます。 Contents1 意味がわかると怖い話【脳梗塞】2 考察と解説3 […]

意味がわかると怖い話【脳梗塞】

本当に怖いのは、あなたもこの症状に陥っている可能性があること、かもしれませんね・・・

 

記事は下に続きます。

意味がわかると怖い話【脳梗塞】

意味が分かると怖い話{脳梗塞}をご紹介します。

 

28歳のある日、僕は脳梗塞で入院していました。

 

担当医の先生は、毎日とても優しく話しかけてくれて、僕の世間話にもよく付き合ってくれるとても素敵な先生でした。

 

そんな先生は腕もピカイチらしく、人も良くて、さらには容姿もカッコイイらしいんです。

 

こういう人の事をスーパードクターというのでしょう。

 

そんな噂もあったので、僕は「すぐに手術お願いします。」と言いました。

 

そして手術は無事に終了。

 

でもなんだかおかしいんです。

 

絶対何かがおかしい・・・・

 

あれ・・・?目が見えていない・・・・。

 

 

僕は先生に言い寄りました。

 

「なんですか、これは!なんで目が見えていないんだよ!何がスーパードクターだ!人をバカにしやがって!慰謝料払えよ!」と。

 

今にして思えば、言い過ぎたかも知れません。

 

なんせ僕の病気は、普通の医者では治せないようなものだったらしいので、手術をしてくれようとしただけでも有り難いことです。

 

でも、僕は涙が枯れるまで泣きました。

 

だって、

 

結婚してまだ2年しかたっていない嫁さんの姿も、これから生まれてくる子どもの顔も、もう一生見ることができないんですから。

 

・・・それから1週間して、またそのドクターのところに行きました。

 

いくら何でも言い過ぎたと思って僕はドクターに謝りに来たのです。

 

「治してもらったのに、あんなことを言ってしまって、本当にすみませんでした。」

 

すると、それから5秒くらい後に、ドクターが泣きながらこう言ってきたのです。

 

「いや、私の方こそすまない・・・。完全に治すことは出来なかったみたいだね・・・。」

 

本当にドクターは優しいなと思いました。。

 

そして僕は、はにかみながら言ったんです。

 

「命に比べたら、目が見えなくなったからってどうってことないですよ。」って。

 

そしたら今度はすかさず、ドクターがこう言ったんです。

 

「ほら・・・ほらね・・・。やっぱりまだ治ってないんだね、すまない・・・。」って。

 

僕はここで気づきました。

 

僕はなんて重大な勘違いをしてたんだと。

 

ドクターありがとう。

謝らないといけないのは僕の方です。

 

そして、一番優しいのは、こんな僕と結婚してくれた妻なんだと・・・。

考察と解説

ドクターが何度も謝っているのは何故でしょうか?

それはもちろん、手術が失敗して目が見えなくなってしまったから。

 

違うんです・・・。

 

まず最初に「容姿もカッコイイらしい」と彼は言っていますよね。

 

らしい・・・?

 

だって毎日のようにお話をしているような仲なのに、何故カッコイイらしいなのでしょうか?

ドクターのことを見ているのならば、容姿もカッコイイ!で終わりますよね。

 

つまり・・・

 

彼は最初から目が見えていなかったのです。

 

でも、それを忘れてしまっています。

 

 

つまり、彼は手術によって記憶喪失になってしまったということ・・・。

 

まとめ

意味が分かると怖い話【脳梗塞】でした。

 

よくよく文章を読まないと分からないですよね。

 

脳梗塞の手術をして、記憶喪失になってしまった・・・

とても悲しいお話です。

 

手術ってやっぱり怖いな・・・と思うお話でした・・・。

 

ところであなたは、自分の外見が思い出せますか?

 

ブサイクらしい

かわいいはずよ!

 

・・・え?

もしかしたらあなたも、同じ症状かも、しれませんよ?