ヒロアカプロヒーローの順位を公開!ランキング3位は誰?

オールマイト引退後に発表された、プロヒーローランキング。 No.1の称号は誰の手に渡ったのでしょうか?   10位までのキャラクターを全員紹介していきたいと思います! 記事は下に続きます。 Contents1 【最新版】 […]

オールマイト引退後に発表された、プロヒーローランキング。

No.1の称号は誰の手に渡ったのでしょうか?

 

10位までのキャラクターを全員紹介していきたいと思います!

記事は下に続きます。

【最新版】ヒロアカプロヒーローの順位を公開!

過去1年間のヒーロー活動から

 

  • 事件解決数
  • 社会貢献度
  • 市民の支持率

 

を数値化したものが発表される、ヒーロービルボードチャートJP(略:HBTJP)。

 

ランキングで1位を取ると、文字通りNo.1ヒーローの称号を手にします。

神野事件後、世論は大きく変わりました。

 

今回のHBTJPはどのような変化が生まれたのか・・・見ていきましょう。

第10位 リューキュウ

リューキュウは、「ドラゴン」の個性を持つ、クールビューティーな女性です。

インタビューでは、順位に慢心するのではなく、それに見合う活躍を見せると述べていました。

 

かなりシビアな考えを持つ女性のようですね。

波動ねじれや、麗日お茶子と蛙吹梅雨のインターン先にもなりました。

 

ドラゴンに変身することができ、ただのヴィランなら片手で倒せます。

もっと美しい個性をもっているように見えますが、意外にもパワフルなヒーローですね。

 

死穢八斎會編では、エリ奪還の際、地上でメンバーの1人を捕獲していました。

第9位 ヨロイムシャ

個性や戦闘スタイルが不明のヒーローで、今回のランキングで初めて登場しました。

鎧のようなコスチュームを着ており、歳もいっているように見受けられます。

 

しかし、何年もランキングに入っているらしく、いまだ衰え知らずの実力で、人気を集めているようです。

 

コスチュームが将軍みたいなので、刀や槍などを使う個性を想像しますね。

第8位 ウォッシュ

こちらも初登場のヒーローです。

子どもに人気がありそうな、マスコットキャラクターのようなコスチュームを着ています。

 

インタビューを受けている時、すべて「ワッシャ」か「ワシャシャシャ」しか言っておらず、人語を話せるのかは不明です。

 

子どもたちのために、キャラクターを作っているかもしれませんね。

個性は不明ですが、洗濯にちなんだ能力を有しているでしょう。

第7位 シンリンカムイ

事務所に所属せずフリーで活動しており、事務所が近いMt.レディには手柄を横取りされることが多いヒーローです。

 

若手ヒーローの中での有能株で、今後の活躍が期待されています。

個性は「樹木」で、体を樹木のように変化させることができ、相手を拘束するのに向いています。

 

やはり樹木なだけに、炎系の個性とは相性が悪い様子。

神野事件後は、Mt.レディとエッジショットとチームを組んでいます。

 

Mt.レディと熱愛報道がなされていますが、真相はいかに・・・。

第6位 クラスト

こちらも初登場のヒーローです。

何事も全力で熱く、感動しやすいようですが、ファンからは「暑苦しいのが良い」みたいですね。

 

こちらも個性は不明ですが、シールドヒーローと呼ばれていることから、防御に特化した個性だと予想されます。

 

神野事件でオールマイトと共に戦えなかったのを悔やんでおり、彼の人柄の良さが伺えます。

正統派の男と言われるのも納得でしょう。

第5位 ミルコ

兎のようなコスチュームに男勝りの口調が特徴の女性です。

見た目は男性受けが良さそうで、性格は女性に人気がありそうなヒーローですね。

 

個性は分かっておりませんが、見た目から蛙吹のような動物、彼女の場合は兎の体質を持っているでしょう。

 

兎は後ろ足の筋力が発達しています。

彼女が繰り出す蹴りは、かなりの威力を秘めているでしょう。

 

また、蹴りを出した時に原作では「スタンプ」という効果音が付いていました。

強烈なキャラクター性から、今後の登場が期待されます。

第4位 エッジショット

忍の格好をしたヒーローです。

個性「紙肢」は体を紙のように薄く細く伸ばすことができ、その変形速度は音速を越えており、一見するとワープしているかのように見えます。

 

隙間があればどこにでも侵入でき、潜入捜査にも向いています。

まさに、忍者のような個性ですね。

 

敵の体内に侵入し体を弄ることも可能なのだとか。

使い方を間違えるとかなり危ない能力ですね。

第3位 ベストジーニスト

オール・フォー・ワンにより活動休止に追いやられるも、市民からの支持率で4位から3位にランクアップしたヒーローです。

 

休止しているにも関わらずここまで人気なのは、ひとえに彼のこれまでの活躍があってこそでしょう。

 

 

個性「ファイバーマスター」は、服の繊維を操ることができ、服を着て生活する世の中では誰も彼の個性からは逃れられません。 

また、かなりの練習と実務経験がないと操作が難しい個性のようで、オール・フォー・ワンが「並みの神経じゃない」と評価するほど。

 

その後、神野事件で肺が欠けたことが判明し、ホークスの手で殺害されたような描写がありますが、いまだ真相は不明です。

第2位 ホークス

わずか10代の時に、ランキングトップ10入りを果たしているヒーローです。

非常にマイペースな性格ですが、事件解決速度は断トツと言えるでしょう。

 

個性「剛翼」は、背中に生えた翼一枚一枚を操ることができ、飛行も可能。

振動を感じることもでき、索敵にも優れています。

 

また、この羽を使って広範囲なヒーロー活動が可能で、事件が発生する前に阻止しています。

 

 

現在は、ヴィラン連合が隠している脳無の場所を探すためにスパイとして潜入中。

ファンの人気も急上昇中ですが、死亡フラグも同時に上昇中のキャラクターです。

第1位 エンデヴァー

ずっとNo.2ヒーローだったエンデヴァーが、万を持して念願の1位を獲得しました。

平和の象徴がいなくなり、今後彼がヒーローを率いていく立場になります。

 

オールマイトを越えるために息子の轟焦凍にかなり過酷な訓練を行い、家族関係は拗れまくっていますが、現在は心を入れ替えて償おうとしている真っ最中。

 

個性「ヘルフレイム」は、ヒロアカキャラクターの中でも屈指の高火力です。

その破壊力は、塵も残さないでしょう。

 

ランキング後に、脳無との戦闘で失明はしませんでしたが、左の顔に大きな傷痕が残りました。

対人関係に難がある彼は、どのようにヒーローを率いていくのかが今後の課題と言えるでしょう。

まとめ

初登場のキャラクターもいましたが、今回のランキングでは神野事件で活躍したヒーローが多くランクインしていました。

 

いまだ個性が分かっていないヒーローも、今後出てくる可能性が十分あるでしょう。

その実力を存分に発揮してほしいですね。

 

そして、活動休止にも関わらず、3位になったベストジーニスト。

生死不明の状態になっていますが、彼の無事はいかに・・・。

 

ホークスやエンデヴァーにも注目が集まり、誰を追っていけば良いのか迷ってしまいますね。