ヒロアカ切島鋭児郎の個性や強さを紹介!覚醒後の強さや過去も考察

切島鋭児郎は、「男らしく」をモットーにクラスメイトを励ましたり、フォローに回ったりと頼もしいキャラクターです。 そのコミュニケーション能力は、あの爆豪とも普通の友人関係を築けるほど・・・。   いつも明るく元気 […]

切島鋭児郎は、「男らしく」をモットーにクラスメイトを励ましたり、フォローに回ったりと頼もしいキャラクターです。

そのコミュニケーション能力は、あの爆豪とも普通の友人関係を築けるほど・・・。

 

いつも明るく元気な切島ですが、実は雄英高校に入学するまでは弱かったらしい? 

今回は、切島鋭児郎の

 

  • 個性や強さ
  • 覚醒後の能力
  • 過去

 

について考察していきます。

記事は下に続きます。

ヒロアカ切島鋭児郎の個性について

切島は、重力に逆らった赤い髪に、ギザギザの歯が特徴です。

 

ちなみに、ギザギザの歯であるために、歯ブラシの消費が激しいのだとか。

1回磨くだけでボロボロになりそうですね。

 

彼は、漢気ヒーロー・紅頼雄斗(クリムゾンライオット)のようなヒーローを目指しており、情に熱く、人を鼓舞するのに最も長けた人物です。

 

爆豪とも対等な友人関係を築くほどのコミュニケーション能力を持っており、思わず尊敬の念を送りたくなりますね。

 

 

そんな、彼の個性は「硬化」です。

誰が聞いてもどんな個性か浮かび上がるくらい定番の能力ですね。

 

しかし、よくよく観察してみると、かなり強い個性であることが分かります。

まずは切島の個性について考察していきましょう。

切島鋭児郎の強さについて

切島の個性「硬化」は、体を固くし頑丈にします。

その強度は、刃物やコンクリートなどで攻撃されても傷を受けず、目や歯なども硬くできるので目つぶしなどの小細工も利きません。

 

体を固くするだけなので、攻撃手段はパンチやキックといった肉弾戦です。

個性を発動すると体が鋭く尖るので、攻撃が打撃と斬撃の両方を兼ね備えています。

 

超常的能力となると、どうしても派手な攻撃の方に目を向きますよね。

 

切島も自分の地味な個性に悩んでいましたが、頑丈ということはそれだけ倒れないということです。

悩みを打ち明けた切島に、爆豪も同じことを言っていました。

 

倒れないということは、何があっても立ち向かう姿勢が崩れません。

いくら攻撃を受けても、目の前に立って守ってくれる存在は自然と安心感を与えます。

 

さらに、ヴィランからすれば自慢の攻撃が利かないのですから、恐怖しかありません。

たとえ地味でも、人の心に影響を与える能力は切島のような個性がピカイチでしょう。

 

また、硬くできるのは体の表面のようで、剥がされても再度硬くすることができます。

 

硬化が剥がされると、血が出ていました。

そこからまた表面を硬化できるので、おそらく皮膚が硬くなっているのでしょう。

 

そのあたりは、詳しく紹介されていないので不明です。

彼の個性は、ただの硬化というわけではなく、ヒーローにとってはかなり強い個性と言えるでしょう。

覚醒して強さ倍増!?

体が硬くなるだけで、目立った攻撃もできない切島は、必殺技に悩んでいました。

しかし、オールマイトに

 

「妙な小細工をするよりもゴリ押しをした方が強い」

 

というアドバイスを受け、必殺技「安無嶺過武瑠(アンブレイカブル)」が生まれます。

この必殺技は、個性を伸ばす訓練によって出せるようになった切島の最高硬度で体全体を覆い、そのままゴリ押しで相手に向かっていったり防御を行います。

 

その最高硬度も、現在の彼では30秒~40秒が限界です。

しかし、その間は何があっても倒れません。

 

技を出しているときは、通常時よりもさらに体が尖っており、普段の快活な姿がなりを潜めます。

 

切島のように応用性が利かない個性は、単純な攻撃の方が強いです。

単純な攻撃だからこそ、強力なパワーを発揮するのでしょう。

 

 

ただし、現状では特訓中のため、強い敵が現れれば簡単に攻撃が通ってしまいます。

 

今は個性が未熟でも、今後の成長でどんな敵にも倒れない必殺技となるでしょう。

これ以降、新たな必殺技が出るのかは不明です。

 

ただ、彼の個性は繊細な攻撃には向かないので、「安無嶺過武瑠」一本で今後も乗り切る可能性が高いといえますね。

切島鋭児郎の過去について

今でこそ、並みの攻撃ではやられない切島ですが、雄英高校に入学するまではとても弱い個性でした。

 

コンクリートを、ぶつけられただけでダメージを受けるくらい弱かったのです。

それから個性を強化して雄英高校に合格したのですから、かなりの努力家ですね。

 

個性が弱くても、彼は紅頼雄斗のようなヒーローになる夢を諦めませんでした。

しかし、友人からは無理だと言われます。

 

切島よりも、現在は同じクラスメイトで中学の同級生だった芦戸三奈のような少女が、ヒーローに向いているのだと諭されていました。

 

 

当時の切島の個性だと、とてもヒーローになれるとは思えませよね。

そのこともあり、切島は雄英高校を受験することを誰にも言えずにいます。

 

そんなある時、ある転機が。

同じ中学の女の子たちが、見るからに怪しい男に道を聞かれているのです。

 

しかもその男は、人の3倍くらいの大きさで、コンクリートを軽く押すだけで破壊する力を持っていました。

 

助けに行こうとしますが、切島は怖くて動けません。

そこに、芦戸が女の子たちの間に入り、代わりに道を教えました。

 

その光景を見て、彼は打ちのめされます。

ヒーローを志すのを諦めようと思いますが、紅頼雄斗の言葉を聞き、改めて夢を目指すことに。

 

 

以降切島は、個性を強化し、過去の決別として髪を赤く染めました。

染める前は大人しめな生徒という印象でしたが、染めたことで上鳴や峰田のようなおふざけキャラという印象に。

 

実際には止める側なのですが、初見だと見抜けないですね。

切島は自分が弱くて逃げてしまうことを知っているからこそ、ここぞという時に敵に立ちむかい、敵ですら男として認めさせるのです。

 

そんな彼だからこそ、皆が勇気づけられるのでしょう。

まとめ

今回の考察をまとめると、

 

  • 個性「硬化」で体を固くすることができる
  • 必殺技「安無嶺過武瑠」は30秒~40秒が限界
  • 必殺技は成長途中
  • 中学時代は個性が弱かった
  • 髪を赤く染めたのは過去と決別するため

 

です。

 

彼はその個性の性質上、どうしても前衛の攻撃しかできません。

しかし、中・遠距離タイプのヒーローからすれば、前衛で体を張ってくれるからこそ安心してサポートできます。

 

彼はそのことにまだ気づいていませんが、倒れないということは後衛の人も安心して前衛を任せられます。

 

アニメ4期では、切島が大活躍なシーンが満載です。

ぜひ、テレビでその雄姿を見ましょう。