ヒロアカホークスの正体はスパイで敵?本名や裏切りの理由も考察!

僕のヒーローアカデミアに登場するホークスの正体について、掘り下げていきたいと思います。   登場して間もないにも関わらず、第4回人気投票でいきなりの4位を達成したホークス。   年上の人を相手にしても、自分のペ […]

僕のヒーローアカデミアに登場するホークスの正体について、掘り下げていきたいと思います。

 

登場して間もないにも関わらず、第4回人気投票でいきなりの4位を達成したホークス。

 

年上の人を相手にしても、自分のペースを崩さないので怒らせてしまうこともしばしば。

しかし、彼は地元の人からとても親しまれています。

 

そんなホークスがヴィラン連合のスパイという情報が・・・

一体どういうことなのでしょうか?

 

ホークスの正体を考察していきます。

記事は下に続きます。

ヒロアカホークスの正体を考察!

ホークスは、10代でヒーロービルボードチャートJPにトップ10入りをした逸材です。

現在はNo.2ヒーローとなり、1A組の生徒・常闇のインターン先にもなりました。

 

人は彼を「速すぎる男」と呼び、地元ではかなり頼りにされています。

 

初登場時にいきなり周りに喧嘩を売るような発言をしたことで、一気に注目キャラクターになりました。

 

さらに、その有能な個性とヴィラン連合のスパイであることが判明し、人気に火が付きます。

 

本当にスパイなのか、どうしてヴィラン側についたのか。

ホークスの詳しいプロフィールやその真相に迫ります。

ホークスの本名や能力を紹介!

ホークスの本名は鷹見啓悟(たかみけいご)です。

個性「剛翼」は、発現したばかりの頃からその真価を発揮し、130k/mの自動車事故にも関わらず、乗っていた人たちを一人で全員助け出します。

 

そのことがきっかけで、ヒーローになるべき人間として、彼の家族全員が公安に保護されます。

彼も小さい時からエンデヴァーに憧れており、ヒーローになるのに抵抗はなかったのでしょう。

 

彼は背中に翼が生えており、全ての羽を操作可能なのだとか。

しかも、飛行だけなく剣のような形状に変化させたり、振動を感知する機能を利用して内部の探索や救助にも活用できる高性能ぶり。

 

早いうちから保護したくなるのも分かりますね。

 

 

その能力で事件が発生する前に解決したり、重い荷物を持つおばあさんを助けたりと、1人で何人分もの仕事ができます。

そんな彼の夢は、ヒーローが暇を持て余す未来にすること。

 

何を言うかと思いますが、ヒーローが出動することもない未来になれば、それはまさに平和な世界ということになりますよね。

飄々とした態度なのに、こういうヒーローとしての考えを持っているところが、ファンを増やしているのでしょう。

ホークスはスパイだった!?

強い個性と新しいキャラクター性に人気を呼んだホークスですが、なんとヴィラン連合のスパイということが早くも判明します。

エンデヴァーがNo.1ヒーローとなって最初に解決した事件では、空を飛び人語を介する脳無が登場しました。

 

じつはホークスが彼を自分の地元に呼んだのは、新たに作られた脳無の性能チェックのためだったのです。

どのくらい強くなったのか、どのように戦うのか・・・

 

エンデヴァーはそのテストケースにされたわけですね。

 

 

そうやって市民やヒーローの命を危険にさらしたのにも関わらず、やはりヒーローとして活動していることもあり、まだヴィラン連合から信頼は得られていない様子。

事前に作戦に関する情報を隠されたりして、本当にホークスが信用に足るのか試しているようです。

 

そのため、最初は荼毘がヴィラン連合の仲介として、ホークスと会っていました。

現在は、信頼を得ることに成功し、荼毘以外のヴィラン連合や拠点に入ることが可能になります。

 

初めからスパイについては本編でも囁かれていましたが、まさかここで発覚するとは・・・という感じですね。

当初から出ているキャラクターがスパイだと考えていた人も多かったので、これは意外に思った方もいたでしょう。

裏切りの理由は?

前述の通り、ホークスはヴィラン連合のスパイですが、ヒーローを裏切ったわけではありません。

 

彼は、公安の人たちから秘密裏にスパイとして潜り込むように依頼されたのです。

それも、連合捜索チームの者ですら知らない極秘任務。

 

そのため、ヒーロー、連合、両者の誰か1人でもスパイとバレれば、それだけ彼自身の危険度が上がります。

つまり、二重スパイな上に、危ない橋を綱渡りしているわけですね。

 

では、なぜ彼が選ばれたのでしょう?

それは、彼が外聞を気にせず、スパイとして潜り込んでいる間に起こる被害に目を瞑れる人間だからです。

 

ヒーローは人気商売なところがあります。

そのため、スパイだったと世間で知られても気にしないような人でないと頷かないでしょう。

 

そして、先を見越して目の前で散る命があろうとも手を出さないでいられる自制心が必要です。

ホークスにはそれが備わっていると判断されたため、スパイとして選ばれました。

 

彼もすべてを分かった上で、スパイとなることを決めたのです。

実際に彼は、憧れのヒーローであるエンデヴァーが大怪我を負っても、スパイと気づかれるようなことはしませんでした。

 

大義のために、小事を犠牲にする・・・誰でもが嫌がる辛い行動を取れるホークスこそが、あるいは真のヒーローなのかもしれませんね。

ホークスは敵?味方?

前述した通り、ホークスは味方です。

 

彼は小さい子から公安に保護されてきました。

そのため、彼らには恩があり、今回のスパイも平和のためを思えば断る理由がありません。

 

誰に責められようとも、平和な世界にするためにどんなことでも行う。

それが彼の考えるヒーロー像なのでしょう。

 

そのためには、同業者を襲うこともいといません。

本編では、ホークスがベストジーニストを襲うような描写があります。

 

さらに、ベストジーニストと思われる死体を荼毘に渡すような場面もありました。

ここまで来ると、引き返せないようなところまで来ていますね。

 

しかし、彼が持ってきた遺体は本当にベストジーニストだったのか。

それについては、いまだ真相が分かっていません。

 

こういうキャラクターは死亡フラグが立ちますが、ホークスの命は大丈夫なのでしょうか?

 

悲惨な死を遂げないことを祈りたいですね。

しかし、その危うさがまた、ファンを惹きつけるのでしょう。

まとめ

今回の考察をまとめると、

 

  • 本名は鷹見啓悟
  • 個性「剛翼」は小さい頃から強力な個性だった
  • 公安に依頼されてヴィラン連合のスパイをしている
  • ホークスは味方

 

です。

 

二重スパイとしての生活はかなり苦しいものがあります。

たとえ、目の前の犠牲に目を瞑れても、辛くないわけではありません。

 

ホークスが望みつづける、ヒーローが暇を持て余す未来はいつになるのか。

ヴィランが活発になった現在、その未来がくるのは当分先になりそうですね。