未だ登場していないデクの父親の正体について、色々と掘り下げてみました!   デクの母親・引子は、よく本編にも登場しますよね。 ぽっちゃり体型で優しい雰囲気を醸し出して、息子のことをすごく心配しています。   母 […]

未だ登場していないデクの父親の正体について、色々と掘り下げてみました!

 

デクの母親・引子は、よく本編にも登場しますよね。

ぽっちゃり体型で優しい雰囲気を醸し出して、息子のことをすごく心配しています。

 

母親は何度も登場していますが、父親は何をしているのでしょうか?

じつは、いまだに登場したことがありません。

 

今回は、デクの父親

 

  • 個性
  • 仕事
  • なぜ登場しないのか
  • オール・フォー・ワンが父親説

 

について考察していきます。

記事は下に続きます。

ヒロアカデクの父親の正体について考察

父親は「緑谷久(ひさし)」という名前で、現在は海外に単身赴任しています。

個性については引子の発言で判明していますが、容姿、仕事については一切不明です。

 

デクが4歳の頃から家にいなかったようなので、もしや夫婦仲が悪いのではないかという話も浮上していましたがその様子もありません。

 

では、デクの父親はなぜ本編に一切登場しないのでしょうか?

今後登場するのか、考察してみました。

個性は何?

久は、「火を吹く」個性ということが当初から判明しています。

 

4歳の時にデクが病院で無個性ということを告げられた際に、引子が自分と旦那の個性について話していました。

火を吹く個性なんて、男の子なら一度は憧れる能力ですよね。

 

久の個性については、火を吹く以外分かっていません。

 

どれぐらいの威力なのか。

また、どれほどの熱量を秘めているのか。

 

デクは引子の物を引き寄せる個性か、久の個性、もしくは両方の個性が掛け合わされた能力を受け継ぐはずでした。

 

掛け合わせた個性を引き継いでいたら、口から吹いた火を自由に操れる個性だったかもしれませんね。

 

 

しかし、デクは無個性でした。

妻からそのことを聞いた久は、一体何を思ったのか。

 

それも本編で描かれてはいません。

おそらく、相当ショックを受けたことでしょう。

仕事は何をしているの?

個性社会なので、自分の個性に関する仕事に就いている可能性が高いでしょう。

海外でヒーローをしているのではないかという話もありますが、そうなるとデクの憧れのヒーローにオールマイトと並んで父親が含まれるのではないでしょうか。

 

オールマイトは日本で活躍しているヒーローなのでとくに目に付きますが、ヒーローに憧れている子供に引子が父親の職業を言わないはずがありません。

そのため、久がヒーローという可能性は低いでしょう。

 

 

その他にもヴィランや、個性とは関係ないですが何らかの研究員という可能性です。

 

ただ、デクの父親がヴィランなら、どこかで伏線が出るでしょう。

 

デクはオールマイトと出会う前は、ヒーローオタクで無個性なこと以外はどこにでもいる普通の少年という設定なので、父親がヴィランだと彼の普通という設定が覆ります。 

そのため、ヴィランの可能性も低いでしょう。

 

有力なのは、研究員です。

海外の有名な研究員だとあまり家には帰れませんよね。

 

研究員ならば、海外の研究チームの所長として、今後登場する可能性が高いのではないでしょうか。

登場しない理由を深堀りしてみた

父親についての話は本編ではありませんが、スピンオフ小説「雄英白書 1-A授業参観」で少し出たことがあります。

 

授業参観は誰が見に来るのかというクラスメイトの飯田の問いかけに、デクは「僕もお母さんだと思う」という発言をしていました。

 

このことから、久は何度か家に帰っているようですし、家族仲も悪くありません。

家に帰れるということでしょう。

 

ヒロアカは、キャラクターの家族も登場します。

 

2019年10月現在では、ヴィラン連合の死柄木の家族も登場しました。 

そのため、ここまでデクの父親が出ないのは不自然です。

 

そうなると、今後重要な役割を持って登場するのではないでしょうか。

 

 

前述した考察で、久はヒーローや研究員ではないかと述べました。

 

海外でヒーロー活動をしていれば、日本のヒーローと共同捜査という形になるでしょう。 

また、研究員であれば、ヴィランが開発した毒の解毒剤を作ったり、本編に登場した個性を破壊する弾丸の効果を無くすために登場しそうです。

 

いまだ登場する気配はありませんが、デクの幼馴染の爆豪の両親も出たのですから、主人公の家族が出ないということはないでしょう。

 

ここまで、謎の存在となっているので、今後何か重要な役で登場する可能性が高いです。

父親=オール・フォー・ワン説が流れる理由

オール・フォー・ワンはデクの父親説は一部で囁かれています。

 

デクの個性ワン・フォー・オールは、持ち主の力をストックし、他人に譲渡するという個性です。

これにより、現在9代目として個性を継承したデクは強力なパワーを発揮します。

 

これだけならば今回のような説は出ないのですが、1-B組との共同授業の時にワン・フォー・オールが覚醒しました。

 

 

ワン・フォー・オールは、単純なパワーだけでなく、歴代継承者の個性もストックしていたのです。

そのストックされた個性が、デクの代で特異点を突破したことで、発現するようになりました。

 

通常、個性の複数所持はできません。

複数の個性を持とうとすると、ヴィラン連合が持つ脳無のようになります。

 

ワン・フォー・オールは、「個性を奪う」個性オール・フォー・ワンが合体したことでできました。

そのため、個性を持っている状態でも継承できたのです。

 

 

しかし、今回デクはさらに6つの個性を使いこなさなくてはいけなくなりました。

 

はたして、ただの無個性の少年が、ストックされていたからとはいえ、複数の個性を持って体がもつのでしょうか。 

 

このことから、他人から個性を奪ってたくさんの個性を持っても耐えられるオール・フォー・ワンの息子ではないかという説が流れました。

 

しかし、その説はないでしょう。

これまでの継承者の個性は、ワン・フォー・オールにストックされたものです。

 

つまり、歴代の個性持ちの継承者も発現しないだけで体の中にありました。

それでも、体に異常が出なかったのですから、デクはオール・フォー・ワンの息子ではないでしょう。

まとめ

今回の考察をまとめると、

 

  • 父の名前は緑谷久
  • 火を吹く個性を持っている
  • 海外に単身赴任している
  • 仕事はヒーローか研究員の可能性がある
  • オール・フォー・ワンは父親ではない

 

です。

 

 

ヒロアカは、両親との絆も深く掘り下げる漫画なので、母子家庭でもないのに主人公の父親が登場しないのは何かあると見て良いでしょう。 

きっと、物語で重要な役割を持って登場してきます。

 

ヴィランなのではないかと言う噂もありますが、たとえそうだとしても、デクの前に敵として現れることはないでしょう。

 

どのような仕事に就いていようと、1人の父親としてデクたちの前に現れるのではないでしょうか。

今後の展開が見過ごせませんね。