ドクター・ストレンジの結末をネタバレ有りで紹介します。   既に続編も製作中となっているドクター・ストレンジ。 大人気ヒーローのお話を、この記事で振り返っていきたいと思います!   記事は下に続きます […]

ドクター・ストレンジの結末をネタバレ有りで紹介します。

 

既に続編も製作中となっているドクター・ストレンジ。

大人気ヒーローのお話を、この記事で振り返っていきたいと思います!

 

記事は下に続きます。

ドクター・ストレンジの結末ネタバレ!

ドクター・ストレンジとは、2016年に公開されたアメリカのスーパーヒーロー映画です。

日本では20171月に公開されました。

 

製作はマーベル・スタジオ、配給はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズです。

では、ドクター・ストレンジのストーリー、そして結末を振り返っていきましょう!

 

高慢な天才医師・ストレンジ

主人公は天才医師、スティーブン・ストレンジ

頭に弾丸を受けたような患者の手術を依頼されても、難なく成功させる程の腕前の持ち主で、頭脳も明晰。

 

それ故、高慢な性格で我が道を行くような一面も持ち合わせた医師でした。

 

事故ですべてを失う

素晴らしい頭脳と腕をもったストレンジでしたが、手術後の晩餐会に向かう途中で事故に遭ってしまいます。

なんとか一命は取り留めましたが、両手の神経機能のほとんどを失うという医師として致命的な傷を負いました。

 

最先端の医療などを用い治療を行ったものの、両腕は一向に回復せず、ストレンジは自暴自棄に・・・

唯一心を許すことのできた恋人クリスティーンに辛く当たってしまい、財産の全てだけでなく、愛する人まで失ってしまうのでした。

 

魔術を手に入れるためカマータージへ

大切なものを全て失ってしまったストレンジ。

しかしそんな彼に、リハビリの担当医がある人を紹介します。

 

それは奇跡的に半身不随が治ったジョナサン・バングドール

そしてそんな彼がかつていたという、ネパールの首都カトマンズにあるカマー・タージという場所へと旅立つのでした。

 

エンシェント・ワンの厳しい修行を積む

道中盗賊などに遭遇しますが、なんとか無事にカマー・タージに到着したストレンジ。

そこでエンシェント・ワンという女性に両手の治療をお願いします。

 

しかし!

エンシェント・ワンはストレンジに、己の内面を見つめ直して治すよう言いました。

 

素晴らしい治療を期待してやってきたストレンジなので最初はエンシェント・ワンに対して怒りをあらわにしますが、色々と話すうちにエンシェント・ワンの弟子となり修行を積むことを望みます。

 

ストレンジの高慢な姿が、ダークサイドに落ちたカエシリウスというかつての弟子と重なり、弟子入りを悩んだエンシェント・ワンでしたが、モルドという弟子からの推薦もあり、最終的には弟子入りを許可。

ストレンジは修行を受けられることになりました。

 

さすが元天才医師だけあり勉強熱心で飲み込みの早いストレンジ。

とはいえ仲間と修行に励むもののなかなか成果が上がりません。

 

エンシェント・ワンは荒療治として、ストレンジをエベレストの頂上へテレポートさせます。

モルドは心配しますが、ストレンジはなんとかリミットの30分以内に呪文の詠唱に成功し、カマー・タージへと戻ってきました。

 

このエベレストの一件を機に、ストレンジは幽体離脱を取得

また、ミラー次元の活用法についても学び、自分のものにしていくのでした。

 

アガモットの目を使い時間を操る

順調に修行を進めていたストレンジはなかなか寝付けぬある夜に、図書館で閲覧禁止となっていた「カリオストロの書」を読み進めます。

そしてアガモットの目を使って時間を戻し、かつてカエシリウスに持ち去られてしまった書物の足りないページの復元に成功しました。

 

が、図書館に戻ってきたウォンに時間を操ることについて説教を受けます。

ウォンに連れられ、時空間のゲート「サンクタム」について話を聞きました。

 

世界には3つのサンクタムがあり、それぞれが腕の良い魔術師たちに守られているのです。

サンクタムはニューヨーク・ロンドン・香港にあるとのことでした。

 

カイシリウスたちとの戦い

そんな話をしているところに、突然カエシリウスがサンクタムから乱入してきます。

その勢いでストレンジとモルドは、ロンドンサンクタムへと押し出されてしまいました。

 

そしてストレンジは、カエシリウスとその部下たちと戦うことになります。

必死に部下たちを倒し、遂にカエシリウスとの一騎打ちとなったストレンジ。

 

しかしまだ魔法を上手く使いこなせないストレンジは防戦するのが精一杯・・・

その時、部屋に保管されていた「浮遊マント」がストレンジを守り、カエシリウスを動けなくします。

 

カエシリウスは身動きがとれないまま、ストレンジに色々な話をします。

その話に聞き入っていると、カエシリウスの弟子が背後からストレンジの胸を貫きました

 

咄嗟にニューヨークへテレポートしたストレンジは、以前勤務していた病院で、元恋人であるクリスティーンの手術を受けます。

そして手術中、幽体離脱をしたストレンジは、病院内でカエシリウスの部下をアストラル体(幽体離脱した精神体の方)のまま倒しました。

 

手術後、以前と全く違うストレンジの服装や言動に驚くクリスティーンでしたが、ストレンジはそんな彼女を尻目に再度、ロンドンサクタムへと戻ります。

そこでアストラル体で倒したカエシリウスの部下が死んでいるのを見つけ、愕然とするのでした。

 

エンシェント・ワンの死

そんなストレンジの元へエンシェント・ワンとモルドがやってきます。

エンシェント・ワンは浮遊マントを使いこなせるようになったストレンジに「マスター」の称号を与え、更にカエシリウスに備えロンドン、香港のサンクタムを守るよう言いました。

 

ストレンジはそんな指示を不服そうに受け入れ、そうこうしているうちにカエシリウスが帰還。

ストレンジは全員をミラー次元(現実世界を基に作った仮想空間)へ連れて行き、カエシリウスとエンシェント・ワンは激しい戦いを繰り広げます。

 

最終的にエンシェント・ワンはカエシリウスに倒され、ミラー次元から現実世界へと落ち、大怪我を負いました。

ストレンジはエンシェント・ワンを病院へ連れて行き、自ら手術を行おうとしますが手が動きません。

 

するとエンシェント・ワンはアストラル体となり隣の部屋へ移動。

ストレンジも同じくアストラル体となり後を追いました。

 

そこでエンシェント・ワンは、ストレンジに色々な話をし、闇の支配者ドルマムゥを止めるよう言い残して亡くなります。

その後、ストレンジは改めてクリスティーンに過去の謝罪と別れを告げ、人類の為に戦うことを心に誓い病院を去るのでした。

 

ドルマムゥとの決戦

香港サンクタムでカエシリウスの襲来に備えていたウォン。

しかし既にカエシリウスは香港に到着していた為、すぐに対決が始まりました。

 

ストレンジは一度カトマンズに戻り、エンシェント・ワンを失い落ち込むモルドを説得。

一緒に香港のサンクトラムへと向かいます。

 

しかし、2人が到着した時には香港サンクタムは既に暗黒次元に飲み込まれはじめていました。

ストレンジは時間を戻す呪文で街を修復し、ドルマムゥの元へと向かいます。

 

暗黒次元に到着したストレンジは、もう1度時間を戻す呪文を使い、自分とドルマムゥを時間のループの中に閉じ込めました。

ドルマムゥはいとも簡単にストレンジを殺すのですが、何度倒しても時間が戻ってしまいます。

 

最終的にストレンジはカエシリウスたちを地球から永久追放することと引き換えに、この呪文を解除するのでした。

 

エンディング

激しい戦いが終わり、香港サンクタムから戻ったストレンジは「アガモットの目」を図書館に返却し、ウォンはストレンジをサンクタムの守護者になるよう命じます。

ストレンジはニューヨークを拠点にして新たな敵との戦いに備えることとなり久しぶりに帰宅。

 

そこでクリスティーンからもらった動かない時計を腕にはめ、昔のように手がうごかせるようになっていることに気が付きます。

一方、エンシェント・ワンが暗黒次元の力を使用していたことを知ったモルドは、別の道を行くと言いカマー・タージを去るのでした。

 

エンドロールを考察

ここからは、ドクターストレンジのエンドロールについて、考察していきます。

 

このドクターストレンジの作品は、エンドロール・エンディングにて、2つの気になる情報が含まれていました。

 

続編に続く重要なネタバレ情報、詳しく見ていきます。

 

ソーとストレンジの会話

本編終了後、エンドロールには2つのシーンが登場します。

1つ目はマーベルの次回作品の予告ですね!

 

マイティ・ソー」のソーがストレンジの元に客として訪れています。

ソーはストレンジと話していますが、すすめられたお茶を飲みません。

するとストレンジは、魔法でビールを出しました。

 

そしてソーがビールを飲み干すと、ストレンジの魔法によりビールが注ぎ足されるのです。

そんな中、ソーは義弟で宿敵でもあるロキと共に父オーディンを探しているのだと語ります。

 

2人はオーティンを見つけられれば大人しくアスガルドに帰ると約束し、ストレンジも父親探しに協力すること言うのでした。

そしてこの予告、つまりドクター・ストレンジ公開からちょうど1年後、2017年11月3日に「マイティ・ソー」の3作目が公開されました。

 

モルドの暗躍

カマー・タージを去ったモルドは1人で昔の同僚、ジョナサン・バングドールの工場を訪れます。

半身不随から立ち直った彼ですね!

 

実はバングドールの半身不随が治ったのは治療のおかげではなく魔術のよるもの。

モルドは魔術を使い、バングドールの体から魔術を取り、彼を再び半身不随にしてしまいました。

 

なぜこんなことをするのか、というバングドールの問いに対し、モルドは「魔術師が多すぎるからだ」と答えます。

そしてこれから魔法使いたちを探し出すというような意味深な言葉を残していくのでした。

 

その後エンドロールは「ドクター・ストレンジは戻ってくる」というメッセージで幕を閉じます。

モルドの言動、そしてこのメッセージはドクター・ストレンジ続編の布石だと言えるでしょう。

 

 

まとめ

ドクター・ストレンジのあらすじ、結末のネタバレをご紹介しました!

元天才外科医、現最強魔術師となったドクター・ストレンジ。

 

そんな彼が魔法を使えるようになるまでの過程や、その中での心の変化、迫力満点の戦闘シーンなど、ドクター・ストレンジは見どころたくさんです!

 

あらすじでは語りきれない深い内容もたくさんありますので、ぜひドクター・ストレンジの面白さを映像にて楽しんでくださいね。

 

アベンジャーズ関連記事

➡ アベンジャーズエンドゲームネタバレあらすじで結末を暴露!最後はどうなるのか全て解説!

➡ キャプテン・アメリカは歳を取らない?アベンジャーズ時系列での年齢も紹介!

➡ アベンジャーズエンドゲームの中でヴィジョンは復活・再登場するのかをネタバレ考察!

➡ キャプテンマーベルの弱点や弱さを考察!宇宙服なしでは数分しか生きれない?

➡ アベンジャーズ1日本語吹き替え動画の無料フル視聴方法!パンドラで再放送は見れる?

➡ アベンジャーズエンドゲームのエンディング・エンドクレジットをネタバレ考察!

➡ アベンジャーズエンドゲームにガモーラは出演?復活・消滅したのかなどもネタバレ解説!