2062年の未来人は、2019年の未来に関する恐ろしい予言を残していったのです。   平和な2019年は、長く続かないかもしれません。 未来人が、日本に、世界に迫る未曾有の危機を予言していたのです。 &nbsp […]

2062年の未来人は、2019年の未来に関する恐ろしい予言を残していったのです。

 

平和な2019年は、長く続かないかもしれません。

未来人が、日本に、世界に迫る未曾有の危機を予言していたのです。

 

一体どんな未来が待っているのか・・・詳しくお伝えしていきます。

 

記事は下に続きます。

2062年未来人の予言

2062年と聞くと遠い未来のことのように感じるかもしれませんが、約40年後のことと考えるとどうでしょうか?

 

しかし、現在20歳の方が60歳になっていると考えればどうでしょう?

そう遠くない未来ですよね・・・。

 

2062年からやってきたという人が突然現れ、ネットをざわつかせてるのです。

しかもその人の予言が当たっているんですよね・・・。

 

2062年から来た未来人の予言についてご紹介しましょう。

 

2062年から来たタイムリーパー

ことの発端は、2ちゃんねるのオカルト板でのことでした。

自称2062年からやってきた未来人というその人物は、そのオカルト板にて何度か発言をしていました。

 

2ちゃんねるの住人は、その未来人に何度か質問をおこないます。

いくつかの質問から、彼の名前・住所・年齢はあきらかにできないということでしたが、日本人で男性だということが発覚したのです。

 

2ちゃんねるという場所だけに、スレッドの住人たちは悪質ないたずらでは?という声もあり、質疑応答は何度かおこなわれました。

彼は、タイムマシン・第3次世界大戦・北朝鮮の消滅・アメリカデフォルト・宇宙開発などなど様々なことについて言及がありました。

 

が、いくつかの質問に関しては、言及することを許されていないといい、人類への忠告といい、謎のメッセージを残したのです。

その際の質問が、

 

あなたの時代までにあった歴史に残るような自然災害をいくつか教えてください。

 

その答えについては、

 

  • 自然災害に関しては、言及することが許されていない。
  • 人口動態変化に繋がることは言えないのだ。
  • ただし忠告しておく、yあ 間 N意 埜 b於 レ

 

と謎のメッセージを残したのです。

この暗号をスレッドの住人たちは、

 

  • 「山に登れというと?」
  • 「海面上昇でも起こるのか?」
  • 「大規模な津波がくるから高いとこるに避難しろということかも」

 

と解いたのです。

そこから4ヶ月後2011年の3月11日の東日本大震災が起こったのでした。

 

これだけであれば、単なる偶然?ともとれるのですが、この後彼はまた新たな発言をし、それが話題になります。

スレッド住人からの質問は

 

未来人さんは2010年11月に行くと選んだのには、何か理由があるのですか?

 

これに対して未来人は、

 

理由は明かすことが許されない。しかし、2010年11月ではない。

今回の任務が完了したら2016年4月15日へ行く。また会えたらいいな。

 

とメッセージを残したのです。

2016年4月14日 熊本大地震が発生。

 

未来人が行くと言っていた前日だったのです。

未来人は本当に熊本に行っていたのでしょうか・・・?

 

南海トラフ地震を聖徳太子も予言?

2062年から現れた未来人以外にも、現在には数多くの未来人と言われる人たちがいるのです。

その信ぴょう性はわかりませんが、実際にわたしたちがこれから直面するであろう出来事を、暗号やメッセージとして伝えてくれた人もいます。

 

本当に未来から過去にくる事はできるのでしょうか?

 

「実は、私たちがよく知る歴史上の人物も未来人だったのでは?」

 

と言われている人物がいます。

 

その人物は、聖徳太子です。

歴史の授業で、かなり早い段階で出てくる歴史上の人物ですよね。

 

彼の逸話は事欠きません。

 

  • 一度に、5人の言うことを聞き分けることができる
  • 遣隋使を中国へ派遣し、日本に中国の文化を持ち帰らせた
  • 冠位十二階や17条の憲法などを制定した

 

など、日本の中央集権国家を制定した人物でもあります。

しかし、聖徳太子はそれだけではなく、黒船襲来や第二次世界大戦の結末など多くの予知もしたと言われているのです。

 

そして彼の予知の中には、2109年を予想したものもあり、

 

  • クハンダが襲来する
  • 2019年4月30日に日本列島が分裂する
  • 多くの死者がでる

 

などがあるのです。

クハンダについては、現在も憶測が錯綜していますが、南海トラフ地震ではないか?と言われているのです。

 

2019年4月30日に分裂するという予想があるということは、もしかしたら平成最後の日、最大の大地震となってしまうのかもしれませんね。

 

 

第3次世界大戦の可能性は?

自然災害もですが、世界情勢も気になるところです。

タイムトリープを繰り返している2062年からきた未来人は、この世界の情勢についても言及しています。

 

未来人によると、2062年までに中国がなくなっているというのです。

そしてアジアの大半はインドになっているそうです。

 

ということはインドに侵略されていくということなのでしょうか?

アジアの大半ということは、日本も・・・?

 

そして第3次世界大戦にも言及しています。

 

2062年までに第3次世界大戦はありましたか?

 

という質問に対し、未来人は、

 

世界大戦は1度あった。

 

と述べているのです。

 

第3次世界大戦に日本は参戦しますか?その際に核は使用されますか?

 

という質問に対し、

 

もちろん参加した。日本はブチ切れたぞ。核は日本は使わないが・・・。

 

と言及したのです。

第3次世界大戦は起こってしまう・・・それも2062年までに・・・

 

今の世界の状態をみるとなんとなく理解もできますが、ここで気になるのが、日本の被害状況です。

これについて未来人は、

 

核は落とされないとだけ言っておく

 

とだけコメントを残しました。

 

2062年までには、アジアの大半はインドになり、日本は核は落とされないが、第3次世界大戦に巻き込まれてしまうのです・・・。

これが本当であれば、恐ろしい近未来ですね。

 

新元号に関する予言

いよいよ2019年4月30日で「平成」が終わり、新年号に変わります。

ネット上では、新しい元号についての予想がされる中、未来人が新元号について言及しました。

 

未来人がいう新年号は「安始」

 

果たしてこれは本当なのでしょうか?

オカルト雑誌として名高い「ムー」の編集長の三上氏は、新元号はこれではないと言及しています。

 

元号というのは、国会で有識者会議が開かれ設定されるというのが、表向きであるが、実際のところは、学者などが決定権を持っているのだそう。

「平成」は、哲学者であり、陽明学者でもあった安岡 正篤氏が決めたと言われいるのです。

 

安岡正篤氏は、財界・政界・皇室に至るまでの人物に影響を与えたと言われており、昭和の黒幕とも言われている人物です。

安岡氏は「平成」になる前に亡くなられていますので、また違う学者の方が考えるのではないか?と言われていますが、今回の年号について、三上氏はある方面の人たちへのメッセージ、暗号的なものになっているのだそう。

 

ある方面?右翼・フリーメイソンなどいろいろありますが、方面とは一体なのでしょうか?

その方面については明かされていませんが、この年号が発表されると、日本の成り立ちにまつわる秘密がたくさん出てくるというのです。

 

追記

新元号は令和でしたね。

 

まさか、これは未来が変わったということでしょうか?

それなら、嬉しい限りなのですが・・・

 

関連記事

➡ 新元号「令和」にちなんだ子供の名前!男の子(息子)女の子(娘)それぞれのネーミングを考察

天皇が変わるとなぜ年号を変えなければいけないのか?

実は年号には不思議な力があり、年号自体に言霊が宿っており、その力により悪い運気を変える力が宿っているのだそう。

 

「平成」は災害の年とも言われ、多くの都市が災害に見舞われました。

それ以外にも景気の低迷・世界の不安定な情勢などなど日本が関わることでたくさんの悪い事が起きています。

 

そのため、今回も平成から新しい年号に変わるのだが、三上氏によるとかなり力をもつ年号なのだそう。

 

ある方面へのメッセージが含まれ、力をもつ年号とは一体どんなものなのでしょうか・・・?

もしかしたら、聖徳太子の予測通り、平成最後の大地震が直撃することがわかっているため、年号を変えて、力を持たせようとしているのであれば、辻褄が合う気がしてしまいます。

 

その他危険な予言の数々

これだけではなく、他にも様々な予言があります。

 

  • 大規模な阿蘇山の噴火
  • 中国が反乱を起こし始めたころ、インドがそれを制圧する
  • 2025年に人類は火星にいけるようになる
  • 2022年にカリフォルニアで大規模な地震が発生

 

など、この他にも各未来から来た人によってさまざまなことが伝えられているのです。

 

未来人が予測する2019年

現在数多くの未来人と呼ばれる人たちがタイムトリープをして、2019年の私たちに警告をもたらしています。

時空を行ったり来たりしすぎたために、時空警察という未来の警察に目をつけられてしまった未来人もいるようです・・・。

 

数多くいる未来人の一人、フィリップスは、2075年からやってきました。

彼は2043年生まれで、18歳になった2061年にイギリス陸軍に入隊。

 

そして、その軍の極秘特殊部隊に配属となり、タイムトラベルの実験で2018年に行き来するようになったのだそう。

彼が証言している2019年はかなり真実味が多いように感じます。

 

2019年3月に、北朝鮮がハワイのホノルルに向けミサイルを発射。

 

この結果ホノルルは壊滅的な被害を受けることになるそうです。

平成31年2/28、ベトナムで行われた米朝首脳会議は失敗に終わったこともあり、この予知はかなり現実的なのではないだろうか・・・とネット上でも大きく騒がれる結果となりました。

 

アメリカはすぐにこの攻撃に反撃し、北朝鮮は機能を失います。

 

しかし、この混乱に乗じてアメリカに怒りをもつ中国とロシアが結託し、同盟を結ぶのです。

中国・ロシア側につく国、アメリカにつく国に分かれ戦闘が行われ、2020年に第3次世界大戦が行われるのです。

 

3年も続くこの戦争ででる犠牲者は、数百万人とフィリップは予測しています。

 

彼以外の未来人は、2020年にはドナルド・トランプの再選などを予測しています・・・。

世界は未来人の予言を活用し、危機を回避することができるのでしょうか?

 

未来人の予言まとめ

いかがでしたか?今回は2062年から来た未来人による予言についてお話いたしました!

 

未来人の予言
  • 2062年からだけではなく、様々な未来からやってきた未来人がいる
  • 未来人の予測によると、南海トラフ地震、第3次世界大戦は近い未来に起こる可能性が高い
  • 聖徳太子は、実は未来人で、黒船襲来、第二次世界大戦の結末や大規模な地震まで予測していた
  • 「平成」の次の新元号には、ある方面の人に向けたメッセージと強い言霊が込められている
  • 未来人によると2019年から約3年間は第三次世界大戦がおこる

 

ということでした。

ここまで予言されているのであれば、何か討つ手もあるのでは?と思ってしまいますが・・・

 

あ、それから2058年にも変わらず吉野家はあり、味付けは多少違いますが、メニュー数は抜群に増えていますよ!

牛がクローン牛のみっていうのは、正直少し寂しいですけどね(;・∀・)

 

なぜ知っているか?

私のいつもの食事ですから!

 

都市伝説関連記事

➡ ホラー映画のキャラクター強さランキング!貞子や伽椰子、ジェイソンは強いのかを考察!

➡ こっくりさんの都市伝説!一人でのやり方や呼び方、紙と10円玉の処分方法を解説!

➡ 切り裂きジャックの都市伝説とは?ジャック・ザ・リッパーの性別は女だった?

➡ 死期が近い人が急にし始める不思議な行動と兆候は?自動ドアが反応しない?

➡ ポケモンミミッキュの都市伝説は中身を見ると死ぬ?正体はポリゴンのネタバレ情報も!

➡ 日本で一番強い妖怪は?日本三大妖怪の大天狗・ぬらりひょん・大嶽丸も評価!

➡ 切り裂きジャックの都市伝説とは?ジャック・ザ・リッパーの性別は女だった?